M-AUDIO Studiophile Q40のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  02/09 /2008 (Sat)

ヨドバシカメラ秋葉原店にて17,850円で購入
主な特徴
・色は「ブラック」1色。
・コードは3m。片出しのストレートコードでストレートプラグ。着脱可能。
・「ULTRASONE専用ヘッドホンケーブル(約80cm)」が流用可能。ポータブルで使うには短くて良い。
・ポーチが付属。折りたたまないと収納しにくいです。
・折りたたみ機構は、イヤーカップが内側に折りたためる。フラットに収納できないのは残念。
・装着感は普通。側圧は強めだが、耳に当たる部分に問題はない。ヘッドバンド部分も良い。長時間の装着は厳しいかも。
・音漏れは少しある。音抜けしそうな穴は見当たらないが、スピーカーの音が中で響いている音が聞こえる。極端に気にする必要はないが図書館などでは気をつけましょう。
・遮音性はこのタイプとしてはそれなり。外部の音は、ある程度聞き取れる。
・音場はやや広い。横方向は特に広く感じる。
・ヘッドバンドの長さはやや広め。11個の目盛があるが、私は4つ目に合わせている。
・音量はかなりとりづらい。iPodなら最大音量の8割程度必要。
・重さはやや感じる。
・デザインは普通。M-AUDIOという字はもう少し小さくできないか。

音質、音域のバランス
・音質自体は価格なりの音質がある。
・音域のバランスはやや低音域より。
・高音域はやや鮮やか。聞き疲れは、あまりないと感じた。
・中音域の量も結構出ている。ほんの少しだけだが、男性ボーカルが掠れるイメージがある。
・低音域は質、量ともになかなか良い。もうちょっと量が少ないとフラットと言えそうな気がする。
・他の音域に比べ、ボーカルの位置は耳の位置から、かなり近い。面白い機種である。
・サ行の痛さは、やや感じる。
・全般的に少し癖のある音だと思う。といっても嫌味ある音ではない。こういう音をモニター的と言うのかもしれない。
・「ULTRASONE専用ヘッドホンケーブル」を使用すると少しだが中音域に変化がある気がする。特に男性ボーカルは、くっきりとなる。


音質☆☆☆☆

音域のバランス (付属の3mコードを使用)
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

音域のバランス (ULTRASONE専用ヘッドホンケーブルを使用)
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・なかなか気に入った機種です。
・サ行の痛さと少しの音漏れが弱点。
・ボーカル(特に男性)を中心に聞きたい人向け。
・別売りだが、「ULTRASONE専用ヘッドホンケーブル(約80cm)」があるとポータブルでも便利。

スペック
・周波数特性:10Hz~20kHz
・感度:116dB
・インピーダンス:64Ω
・重さ(ケーブル含まず): 0.25kg
・ドライバ:40mm
・付属品:ポーチ、3mコード(ストレートコード、ストレートプラグ、着脱可能)
Studiophile Q40

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。
コード交換についてはこちらで紹介。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback