SENNHEISER MX75 Sportsのレビュー

Category: イヤホンレビュー  11/05 /2006 (Sun)

ビックカメラ有楽町店にて7,000円で購入。
主な特徴
・色は「明るいグリーン」1色。
・コードは60cm。u字型コードでL字型プラグ。プラグは金メッキされていない。
・開放型だがタッチノイズ感じる。普通より少し多め。
・シリコン製(?)のポーチが付属。使いやすくて良い。
・付属品が非常多い。説明書以外はポーチに収納できる。細かい部品が多いのでビニール袋に収納しましょう。
・付属品のうち、「ラバーリング」はスピーカ部分に取り付けるドーナツ状のモノ。「ラバーパッド」は本体上部に取り付ける円形のモノ。
・ラバーパッドは何故か3個ずつ付属。1個余る。
・装着感は非常に良い。私の場合ラバーパッドはLサイズ、ラバーリングはMサイズを使用。色々試してください。
・非常に特徴的な色とデザイン。私は好み。
・開放型なので音漏れには注意。
・遮音性は開放型なのでほとんどない。
・インピーダンスは64Ωとやや高めだが、感度も117dBと高め。iPodなら最大音量の6.5割程度で音量が十分とれる。
・最大の特徴は防滴仕様。雨の際も安心して使える。

音質、音域のバランス
・音質は価格より少し下。
・音域のバランスは少しドンシャリ。
・高音域の量は程々。シャリつかず聞こえる。
・中音域は少し量が少ない。男性ボーカルは埋もれず聞こえるが、少し上ずっている。
・低音域は豊富な量。嫌みのある音ではない。
・「サ行」の痛さは全く感じない。
・女性ボーカル向けの機種。男性ボーカルはやや相性が悪い。
・分解能はやや悪い。
・イヤーパッドを装着した方が男性ボーカルは良くなる。また、全般的に聴きやすい音になる。


音質☆☆☆

音域のバランス(イヤーパッド装着前)
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

音域のバランス(イヤーパッド装着後)
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆
・音質からしてコストパフォーマンスはやや悪いと思う。個人的には5,000円前後が妥当な販売額だと思う。
・豊富な低音域が特徴。
・装着感は非常に良い。
・デザイン、色は好みが分かれる。
・雨の日も躊躇うことなく使えるのは良い。
・コストパフォーマンスはあまり良くなく、音質もそれほどではないが、気に入っている機種です。

スペック
・周波数特性:18Hz~21kHz
・インピーダンス:64Ω
・感度:117dB
・コード:約1.2m(u字型ケーブル、L字型プラグ。プラグが金メッキされていない。)
・重量(ケーブル除く):約4g
・付属品:ソフトラバーケース、ラバーパッド(S×3、M×3、L×3)、ラバーリング(M×2、L×2)、イヤーパッド1セット、ケーブルクリップ×1(取り外し可能)

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback