iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

audio-technica ATH-CK10のレビュー

ビックカメラ有楽町店にて29,800円で購入。 主な特徴
・色は「ブラック」1色。
・コードは1.2m。Y字型コードでストレートプラグ。
・コード自体は少し太めだが、クセが付きづらい。硬くなく、柔らかすぎず使いやすい。「ATH-CK9」より少し柔らかいコード。
・タッチノイズは非常に小さめ。ほぼ気にならないだろう。
・セミハードケースが付属。ATH-CK9と同じモノ。
・イヤーチップはS、M、Lサイズが付属。
・イヤーチップの装着感はまぁまぁ。少し耳の中で引っかかる感じがする。もう少し長さが欲しい。
・音漏れは少しある。音抜けの穴は「ロゴのある面」の反対側に1つある。音漏れで極端に神経質になる必要はない。
・遮音性は国産カナル型イヤホンよりかなり上。
・音場感は普通。または少し狭い。
・音量が十分とれる。iPodなら最大音量の6.5割で十分。
・デザインは普通。
・装着方法は「耳にコードを回して装着」するのが普通。
・通常のコードを下に垂らす方法でも装着できないことはないが、イヤーチップがうまく耳に差し込めないので「耳にコードを回して装着」しましょう。


音質、音域のバランス
・音質は価格なり。音質自体はかなり高い。
・音域のバランスはやや高~中音域寄り。
・高音域は非常に鮮やかだが、個人的には量が多すぎ。iPodのイコライザで高音域を抑えた方が良いかも。
・中音域は高音域に負けない量が出ている。
・低音域の量はそれなりに出ているが、他の音域がそれを上回る。イヤーチップを深く装着すると量が増える。
・「サ行」は痛さは相当感じる。男性ボーカルでもダメな曲はダメだろう。
・男性、女性ボーカルどちらも問題なし。ただし、上記のように「サ行」は痛さが問題。
・分解能はかなり良い。
・サウンドトラックには非常に向いている機種。オーテクの社員はボーカルの入った曲を聴かないのか。

音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆★
・音質はかなり高い。悪くない機種だが29,800円なので、購入の際は他の機種も要検討。
・少し音漏れするので、図書館など本当に静かな場所では注意。
・「サ行」の痛さがこの機種最大の弱点。

スペック
・型式:デュアル・バランスド・アーマチュア
・出力音圧レベル:107dB/mW
・インピーダンス:55Ω
・再生周波数帯域:20Hz~15kHz
・質量(コード除く):約4g
・コード長:1.2m(Y字型コード、ストレートプラグ)
・付属品:キャリングポーチ、クリーニングクロス、イヤーピース(S,M,L)

ATH-CK10

メーカサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。