iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

audio-technica ATH-AD500のレビュー

実家にあるヘッドホン。ビックカメラなどでは10,500円で販売。 主な特徴
・色は「シルバー」1色。
・コードは3m。片出しコードでストレートプラグ。
・ポーチやケースは付属しない。外で使用するモノではないので不要だが、保管用に欲しい。
・折りたたみ機構はなし。外で使用するモノではないので不要だろう。
・装着感は非常に良い。ソフトな着け心地。家で長時間使用しても問題ない。少しざらついたスポンジは人によっては気になるかも。
・音漏れは開放型なので当然多い。外で使うこともないだろう。
・遮音性もゼロ。外部の音はほとんど聞き取れる。
・音場はオーテクらしく狭い。近くで聞こえて良いとも言える。
・ヘッドバンドは3D方式ウィングサポート。バンドそのものがない。
・音量はやや取りづらい。iPodなら最大音量の7割程度必要。
・重さは260g(コード除く) だが、それほど重く感じない。3D方式ウィングサポートのおかげである。
・シルバーのデザインは良い。でも外では使わないのであまり関係ないか。

音質、音域のバランス
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスは静かな場所で聞けばやや低音域の量が少なめ。
・高音域は非常に抜けがよく、聞きやすい。密閉型には無い開放型の特長。
・中音域も非常に聞きやすい音。音量を控えめにすると、より聞こえやすい気がする。
・低音域はもう少し量が多ければフラットと言えそう。ロックには向かないだろう。
・サ行の痛さは感じなかった。


音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・装着感の良さや聞き疲れしにくい音は問題ない。
・開放型であるため外で使うモノではない。iPodで使うという意味ではあまり向かない機種。


スペック
・型式:オープンエアーダイナミック型
・出力音圧レベル:99dB/mW
・ドライバー:53mm
・重さ:260g(コード除く)
・周波数特性:10 ~30,000Hz
・コード:片出し3.0m(ストレートプラグ)
・インピーダンス:66Ω
ATH-AD500

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。