FC2ブログ
2020
08.29

Fender FXA5のレビュー

フジヤエービックのジャンク市にて7,000円で購入。本体のみのジャンク品です。
ジャンク品ですが、通常通り動作しています。
主な特徴(レビュー時点)
・発売開始は2016年5月~6月、現在は生産終了。
・後継機種と呼べる機種は無い状況。現在はラインナップが完全に変わっている。
・本体カラーは「ブラック」「シルバー」の2色。
・ケーブルの色は黒色。
・ケーブルの形状はY字型。長さは約1.3m。2本のケーブルをねじっているタイプのケーブル。
・ケーブルの癖は分岐後で付きにくい。
・ケーブル着脱は可能。リケーブル端子はMMCX。
・タッチノイズは少しある。
・プレイヤーとの接続プラグは、L字型ステレオミニプラグ。
・イヤーチップは、今回の購入品には付属していない。調べる限りは独自のシリコン製3サイズが付属。
・装着方法は、耳にケーブルを回す方法(いわゆるシュア掛け)が基本。
・装着感は良い。
・ケースは今回の購入品には付属していない。調べる限りはセミハードタイプと予想。
・デザインは普通。個人的には少し大きい。耳から飛び出ない点は良い。
・音漏れはほぼ無い。
・遮音性はカナル型イヤホンとしてはやや高め。
・音量は取りやすい。iPod classicなら最大音量の4.5割程度で十分。
・音場は全体的に結構広め。位置が近い点も特徴。
・ドライバはバランスド・アーマチュア2基(高域1基、低域1基)

価格情報(レビュー掲載時点で)
・新品の最安値は34,696円。中古は2万円前後。
・発売開始当時の価格は37,800円前後。

輸入代理店について
・完実電気:2016年4月27日~2018年10月30日
・アユート:2018年11月1日~

音質、音域のバランス(iPod classic直差し。イヤーチップはオーディオテクニカのファインフィットを使用))
・音質は良い。
・音域のバランスはフラット~少々ドンシャリ系。
・高音域の量は十分。伸びも良い。かなり綺麗な音色で、痛さや鋭さを感じるほどではない。
・中音域の量感も十分だが、少し奥から聞こえる。綺麗で軽やかな音色。
・低音域の量感も必要な量が出ている。割と落ち着いた音色。
・重低音の量感も十分。締まりが良く、音全体を底から支える。重低音ヘッドホンのようなドスンドスンと聴こえるタイプではない。
・全体的にバランスの取れた綺麗系の音色。情報量が多めで、広めの音場も印象的。
・個人的にはリスニング用の音色。逆にモニター用としてはイマイチかも?
・ボーカルは男女ともに良い。
・サ行は、男性ボーカルでは痛さは無い。女性ボーカルでは少し痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、特に高音域の情報量が増加し、少し硬めの音色になる。音場は上下方向に広がる。変化の度合いは大きい。

音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音質は良い。音域のバランスはフラット~少々ドンシャリ系。
・全体的にバランスの取れた綺麗系の音色。情報量が多めで、広めの音場も印象的。
・個人的にはリスニング用の音色。逆にモニター用としてはイマイチかも?
・音漏れは少しある。遮音性はカナル型イヤホンとしては普通。
・ボーカルは男女ともに良い。
・サ行は、男性ボーカルでは痛さは無い。女性ボーカルでは少し痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、特に高音域の情報量が増加し、少し硬めの音色になる。音場は上下方向に広がる。変化の度合いは大きい。

スペック(メーカーサイトには掲載が無いので、サウンドハウスのデータを引用)
・タイプ:カナル型イヤホン
・ドライバー構成:バランスド・アーマチュア×2基(高域1、低域1)
・再生周波数帯域:19~21,000Hz
・インピーダンス:36Ω
・感度(1kHz):120dB
・ノイズ減衰量:最大22dB
・ケーブル長:約1.3m(着脱可、MMCXコネクター)
・カラー:シルバー、ブラック
・付属品:キャリングケース、イヤーチップ、ステレオ標準変換プラグ、クリーニングツール
Fender FXA5
メーカーサイトは見つからず。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、Fender FXA5のデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)※iPod classic直差しでのデータ

Fender FXA5 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。
Fender FXA5音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。
トラックバックURL
http://iearhead.blog54.fc2.com/tb.php/7301-343db24e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top