FC2ブログ
2020
05.23

Aura Portable Marbleのレビュー

フジヤエービックのジャンク市にて3,000円で購入。
ジャンク品ですが、通常通り動作しています。


主な特徴(レビュー時点)
・発売日は2017年7月5日の現行品。
・本体カラーはブラックのみ。
・ケーブルの色は黒色。
・ケーブルの形状はY字型。長さは1.2m。分岐前・分岐後ともに、きし麺状のフラットケーブル。
・ケーブル分岐後のR側にリモコンマイクがある。
・ケーブルの癖はほぼ付かない。フラットケーブルの良い点。
・ケーブルは出来ない
・タッチノイズは、やや多め。
・プレイヤーとの接続プラグは、ストレート型の4極ステレオミニプラグ。
・イヤーチップはシリコン製3サイズ(S,M,L)が付属。
・装着方法は、通常のケーブルを垂らす装着方法。耳にケーブルを回す方法(いわゆるシュア掛け)も可能だが、リモコンマイクの位置が近すぎる事になる。
・装着感は良い。
・ケース類は付属しない。
・デザインは割と小型で良い。全体的に黒く、販売側は「大人のためのイヤホン」と紹介。
・音漏れは少しある。音抜けの穴はケーブルと本体接続部分の近くに1か所。バス・電車なら問題ない。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては普通。
・音量は取りやすい。iPod classicなら最大音量の6割程度で十分。
・音場は上下は少し狭く、左右はやや広い。全体的に位置が少し高めで、目の高さで重低音が鳴る。
・ドライバは8mmのダイナミック型。
・ハンドメイドで製作されるセラミック製ボディは個体差も選別。
・気密性を確保するための特殊な結合方法を用いるため、ドライバー装着はハンドメイドで行われる、と手間のかかる制作。

リモコンマイク機能
・R側ケーブルの途中にある。
・Apple製品とAndroid製品の両方に対応。
・ボタンが3個のタイプ。
・機能は全てケーブル途中の棒状の部分に集約されている。
・上(より耳に近い)ボタンは音量を上げる、下(耳から一番遠い)ボタンは音量を下げるだけのボタン。なお、押しっぱなしにしても1回分しか下がらない。何度も押す必要がある。
・中央のボタンを、1回押すと再生・停止( →|| ボタンと同じ)。・中央のボタンを、2回連続で押すと次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・中央のボタンを、3回連続で押すと曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)
・マイク用の穴は、棒状のリモコンマイク背面にある小さな穴がマイク。私は使ったことが無い。
・マイクを使う前提で考えると、「ケーブルを下に垂らす普通の装着方法」では、マイクの位置が遠く感じる。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は8,255円。
・販売当時は12,000円前後だったので、やや値下がりしてる。

音質、音域のバランス(iPod classic直差し)
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスは、重低音が多いドンシャリ。
・高音域の量は十分。伸びは中々良い。綺麗で少し派手。痛さや鋭さを感じるほどではない。
・中音域の量感は少し控えめ、というよりは他の音域が目立つのかも。少々奥からクッキリした音色が聴こえてくる。落ち着いた音色で聴きやすい。。
・低音域の量感も十分。こちらも大人しい音色で、癖は少ない。
・重低音の量感は非常に多い。締まりは無いが、量感が多く主張する。この機種、最大の特徴。
・全体的に綺麗な高音域と非常多い重低音が共存するドンシャリ系。
・この重低音が普通だったら、単なる綺麗な音色のイヤホンだと思われる。
・ボーカルは男女ともに中々良い。
・サ行は少し痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、全体的に情報量が増え、クッキリした印象になる。変化の度合いは結構ある。

音質☆☆☆★(☆☆☆と迷う)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆★
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスは、重低音が多いドンシャリ。
・全体的に綺麗な高音域と非常多い重低音が共存するドンシャリ系。この重低音が普通だったら、単なる綺麗な音色のイヤホンだと思われる。
・音漏れは少しある。遮音性はカナル型イヤホンとしては普通。
・ボーカルは男女ともに中々良い。
・サ行は少し痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、全体的に情報量が増え、クッキリした印象になる。変化の度合いは結構ある。


スペック
・ドライバー:8mmダイナミック型
・感度:96dB_1mW(S.P.L at 1kHz)
・インピーダンス:32Ω
・周波数特性:20Hz-20kHz
・ケーブル:1.2m(Y字型、リモコンマイク付、フラットケーブル)
・プラグ:3.5mm(4極)
・備考:リモコンはiPhoneやiPod Touchに対応。一部のAndoroid機器やハイレゾプレーヤーでは動作しないものがございます。
・付属品:イヤーチップ(S,M,L)
Aura Portable Marble
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。

以下、Marbleのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)※iPod classic直差しでのデータ

Marble 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

Marble 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。
トラックバックURL
http://iearhead.blog54.fc2.com/tb.php/7299-59b2ad8a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top