FC2ブログ

タイトル画像

KOSS PORTAPRO PREMIUM RHYTHM BEIGE Japan Editionのレビュー

2019.10.13(22:54) 7286

フジヤエービックにて4,480円で購入。


主な特徴
・2016年11月下旬発売。
・日本国内限定5,000台の販売機種。現在は生産終了。
・オンイヤータイプの開放型ヘッドホン。
・色はベージュ色。ケーブルは黒色。
・ケーブルは両出しで、長さは1.2m。プラグはL字型の4極ステレオミニ。
・ケーブルは着脱できない。
・ケーブル途中に1ボタン式のリモコンマイクがある。また、アナログ式のボリュームコントロールもある。
・タッチノイズはやや多め。
・本体の折りたたみ可能。かなり小さく折りたため、手のひらサイズになる。
・デザインは色がベージュ色でレトロ感がある。特徴的だが良い。
・装着感は良い。側圧調整できる機構がある。一番弱くしても、頭を少々振った程度ではずれない。
・イヤーパッドはスポンジタイプ。
・重量は66g。
・ヘッドバンドの長さは無段階調整。私の場合、長さの余裕はわずかにある。
・音漏れは非常に多く、だだ漏れ。開放型なので仕方ない。
・遮音性は無い。これも開放型なので仕方ない。
・合皮性ポーチが付属。かなり小さく見えるが折りたためば入る。別売りでハードケースも存在(1,600円前後)。
・音量はやや取りにくい。iPodなら最大音量の7割程度必要。
・音場はあまり広くない。抜けは良いが、基本的に近くて濃い。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・台数限定発売であるが、一部店舗では新品を見かける。
・新品価格は6,000円程度。
・新品では2,980円の処分価格品を見かけた事がある。これが最安値かも。
・現状、処分価格での販売が多く、リモコンマイクが気にならなければ、限定版の方が安い事もある。

通常のPORTAPROとの違い
・色は、通常版は黒色、この機種はベージュ色。
・この機種は、1ボタン式のリモコンマイク+アナログボリュームコントロールがある。
・この機種はベージュ色だが、アマゾン専売の白色、海外では多色展開されている。
・メーカーとしては、音質面は全く変化はないとしている。あるとすれば、リモコンマイクやアナログボリュームコントロールの影響と思われる。

リモコンマイク機能
・リモコンマイクはケーブル分岐部分にある。
・リモコンはボタンが1個のタイプ。
・ボタンを1回押すと再生・停止( →|| ボタンと同じ)。
・ボタンを2回連続で押すと次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・ボタンを3回連続で押すと曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)。この機能はAndroidでは使えない。
・ボリュームコントロールはアナログ式で、昔からある上下にスライドさせるタイプ。Apple製品、Androidに関係なく、どんな機種でも使える。


音質、音域のバランス
・音質は中々良い。
・音域のバランスはドンシャリ。
・高音域の量は結構出る。伸びはまぁまぁ。綺麗な音色で、刺激的な印象は少ない。
・中音域の量はそれなりにある。音自体の癖は少ないが、やや薄い印象があり、存在感も薄め。少し響くような印象。
・低音域の量は十分。硬い印象はない。
・重低音の量はまぁまぁ。割と芯があるので量の割に存在感はある。
・ノリが良く、聞いていて楽しい印象。音自体は割と普通。
・開放型なので、当然ながら電車で使うと音漏れで迷惑。散歩や自宅使用が主な用途になる。
・極端に不得意なジャンルは無いが、J-POP系は少し苦手。スピード感・勢いのある曲は非常に合う。
・ボーカルは女性の方が得意。男性ボーカルもまぁまぁ。
・サ行の痛さは、少し感じる程度。
・側圧を調整できる機構があるが、これによって音は少し変わる。側圧は強めにするほうが低音域が出る(当然といわれれば、それまでだが)。
・ポタアン(Fiio A5・ハイゲイン)を使うと、全体的にクッキリした音色になり更にドンシャリ傾向に。特に低音の量感が大幅に増加し、まるで別物。変化の度合いは非常に大きい。

音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・音質は中々良い。音域のバランスはドンシャリ。
・極端に不得意なジャンルは無いが、J-POP系は少し苦手。スピード感・勢いのある曲は非常に合う。
・開放型ヘッドホンなので音漏れ、遮音性には期待できない。
・デザインは色がベージュ色でレトロ感がある。特徴的だが良い。
・ポタアン(Fiio A5・ハイゲイン)を使うと、全体的にクッキリした音色になり更にドンシャリ傾向に。特に低音の量感が大幅に増加し、まるで別物。変化の度合いは非常に大きい。
・日本限定発売です。

スペック
・形式:オープン型
・周波数特性:15~25,000Hz
・感度(SPL):101dB 1mW
・インピーダンス:60Ω
・歪率:0.2%以下
・ケーブル:1.2m(マイク付ボリュームコントローラー搭載、両出し、L字型4極ステレオミニプラグ)
・質量:66g
・付属品:専用キャリングケース
PORTAPRO PREMIUM RHYTHM BEIGE Japan Edition
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、PORTAPRO PREMIUM RHYTHM BEIGE Japan Editionのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)※iPod classic直差しでのデータ

PORTAPRO PREMIUM RHYTHM BEIGE Japan Edition 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

PORTAPRO PREMIUM RHYTHM BEIGE Japan Edition 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog


<<~特 集~ フジヤエービック主催、秋のヘッドホン祭2019(写真多め) | ホームへ | オススメ度別レビュー一覧(10/13更新)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iearhead.blog54.fc2.com/tb.php/7286-4087753d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)