FC2ブログ

タイトル画像

Aiwa HP-A181のレビュー

2019.08.11(00:04) 7282

ハードオフにて108円。
ジャンク品ですが動作は問題なし。イヤーパッドはなかったので別途調達。

主な特徴
・1998年7月に発売された機種。生産終了時期は不明。
・オンイヤー(耳乗せ)タイプの開放型ヘッドホン。
・色はブラック。
・ケーブルは両出し。長さは全長約2.1m(実測値)。プラグは金メッキされていないストレート型のステレオミニ。
・ケーブルは着脱出来ない。
・タッチノイズはほぼ無い。
・本体の折りたたみ出来ない。
・デザインは普通だが安っぽい。メーカー名などの文字が目立たない赤色で良い。
・耳への装着はオンイヤー(耳乗せ)。
・装着感はまぁあぁ。側圧は少し強めだが、頭を少々振った程度ではずれない。
・イヤーパッドは無かったが、純正はスポンジタイプと思われる。
・重量は78g(ケーブル含まず)。
・ヘッドバンドの長さは10段階で調整可能。長さの余裕はかなりある。
・音漏れは多い。開放型なので仕方ない。
・遮音性は低い。
・ポーチ類は付属しないと思われる。
・音量はやや取りづらい。iPodなら最大音量の7.5割程度は必要。
・音場の広さはかなり狭い。位置は近く目の前から聞こえる。
・イヤーパッドはEar Pad S(Grado SR125i用)を流用。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・新品価格は1,500円。

音質、音域のバランス(Grado SR125i用イヤーパッドにて)
・音質は程々。
・音域のバランスはドンシャリ系。
・高音域の量は十分。伸びはまぁまぁ。キラキラした派手な音色で、少々痛さはある。
・中音域の量も十分。少々奥から聞こえるが、響くような表現のためか不足感はない。
・低音域の量も十分。やや硬めの音色でクッキリした音色。
・重低音の量はやや控えめ。締まりのある音色だが、他の音域の方が目立つ。
・全体的に荒っぽさはあるが、バランスはドンシャリ系で割とまとまっている印象。
・約2.1mというケーブル長はどんな用途を意識しているのだろうか。ポータブルでは長く、自宅用では短い。自宅でポータブル機器を使う時か。
・声の表現は、男性ボーカルは歌い手によって差が大きい。女性ボーカルは得意。
・サ行の痛さは少なめ。
・ポタアン(Fiio A5・ハイゲイン)を使うと、全体的に音がクッキリして、音が硬めになる。高音域の情報量も増加。変化の度合いはかなり大きい。


音質☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆
・音質は程々。音域のバランスはドンシャリ系。
・全体的に荒っぽさはあるが、バランスはドンシャリ系で割とまとまっている印象。
・開放型なので、音漏れは多く、遮音性は低い。
・音量はやや取りづらい。
・デザインは普通だが安っぽい。メーカー名などの文字が目立たない赤色で良い。
・声の表現は、男性ボーカルは歌い手によって差が大きい。女性ボーカルは得意。サ行の痛さは少なめ。
・ポタアン(Fiio A5・ハイゲイン)を使うと、全体的に音がクッキリして、音が硬めになる。高音域の情報量も増加。変化の度合いはかなり大きい。

スペック
・型式:開放型
・ドライバ:28mmダイナミック
・再生周波数帯域:不明
・インピーダンス:20Ω
・許容入力 100mW
・感度 105dB/mW
・ケーブル:全長約2.1m(実測値、両出し、金メッキされていないストレート型ステレオミニプラグ)
・重量:78g(ケーブル含まず)
HP-A181
メーカーサイトは見つからず。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、HP-A181のデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)※iPod classic直差しでのデータ

HP-A181 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

HP-A181 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog


<<Amazonベーシック インイヤーイヤホンのレビュー | ホームへ | Konohazuk H3のレビュー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iearhead.blog54.fc2.com/tb.php/7282-783c9069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)