FC2ブログ

タイトル画像

Atomic Floyd SuperDarts Titanium+Remoteのレビュー

2018.11.18(00:15) 7264

ソフマップにて19,418円で購入。中古品です


主な特徴(レビュー時点で)
・2014年6月上旬に発売された現行機種。現在も同社の最上位機種である。
・色は「ブラックシルバー」のみ。
・ケーブルは着脱できない。
・ケーブルの形状はY字型で、長さは通常ケーブルは1.2m。リモコンマイクは分岐後のL側にある。
・ケーブルは分岐前は布巻ケーブル、分岐後は通常のケーブル素材。
・ケーブルの癖は、分岐前は付きづらく、分岐後は少し付きやすい。
・タッチノイズは程々ある。
・プラグはストレート型の4極ステレオミニプラグ。
・イヤーチップは、独自のシリコン製とコンプライが付属。
・装着感はなかなか良い。
・装着方法は、通常の耳からケーブルを垂らして装着するタイプ。いわゆるシュア掛けでも装着は可能だが、リモコンマイクが使いづらくなる。
・ポーチはラバー製。封をできない、本体しか入らない大きさなどの欠点あり。
・本体のデザインは中々良い。ハウジングはチタン製。
・音抜けの穴は、イヤーチップを装着する部分の近くに1か所ある。音漏れは少なく、音量を上げ過ぎなければ図書館でも使えるかも。
・遮音性は少し高め。
・音量は取りやすい。iPod classicなら最大音量の6割程度で十分。
・音場は上下方向には狭く、左右方向にやや広い。やや立体感のある表現をする。
・ドライバはハイブリッドタイプ(9mmダイナミック+バランスドアーマチュア)。
・本製品は同社の「SuperDarts + Remote」のハウジングをチタンにしたもの。「SuperDarts + Remote」はステンレススチール製。

リモコンマイク機能
・Apple製品、Android製品の両方に対応。
・リモコンはボタンが3個のタイプ。
・中央のボタンを1回押すと、再生・停止( →|| ボタンと同じ)。
・中央のボタンを2回連続で押すと、次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・中央のボタンを3回連続で押すと、曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)。この機能はAndroidでは使えない。
・マイク用の穴は、棒状のリモコンマイク背面にある小さなメッシュ状の穴がマイク。私は使ったことが無い。
・+(プラス)ボタンは音量を上げる、-(マイナス)ボタンは音量を下げるだけのボタン。押し続けても1回分しか上下しない。この機能はAndroidでは使えない。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・新品の最安値は33,696円。
・中古は25,000円前後が相場。

音質、音域のバランス(イヤーチップは付属品Mサイズを使用)
・音質は良い。
・音域のバランスはドンシャリ傾向。
・高音域の量は十分。伸びはかなり良い。シャキシャキとした刺激的な音色で、鮮やか・派手な傾向。
・中音域の量も割とある。少々派手な傾向だが高音域ほどではない。やや奥から聞こえる。
・低音域の量も十分。比較的締まりのある音色。
・重低音は量も十分。かなり締まりのある音色で、音全体を下から支える。
・全体的に硬い音色で特に高音域のシャキシャキした音色の印象が強い。
・乾いた音色も印象的。音の方向性はリスニングよりはモニター的。好みは分かれそうな音色ではある。
・ボーカル表現は男女とも悪くないが、位置が遠め。
・サ行は非常に痛い。タ行も非常に痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、全体的な音場が少し下に下がって近くなる。音質面では更にシャキシャキした音色になり、非常に刺激的になる。ポタアン有無による差はかなり大きい。

音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・音質は良い。音域のバランスはドンシャリ傾向。
・全体的に硬い音色で特に高音域のシャキシャキした音色の印象が強い。乾いた音色も印象的。音の方向性はリスニングよりはモニター的。
・音漏れは少ない。遮音性は少し高め。
・サ行は非常に痛い。タ行も非常に痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、全体的な音場が少し下に下がって近くなる。音質面では更にシャキシャキした音色になる。ポタアン有無による差はかなり大きい。
・悪い機種では無いが、かなり好みが分かれそう。このメーカーの音色らしい音色。

スペック
・ドライバ:ハイブリッド(9mmネオジムダイナミックドライバ+バランスドアーマチュア)
・最大入力:100mW
・感度:98db SPL/mw
・インピーダンス(1kHz):16Ω
・周波数特性:5Hz - 25,000Hz
・ケーブル:1.2m(Y字型ケーブル、ストレート型4極ステレオミニプラグ、OFCケーブル、ケブラー繊維)
・リモコン:3ボタン搭載マイク付きリモコン
・ハウジング:チタン製
・同梱品:シリコンラバー製キャリングポーチ、航空機用デュアルプラグアダプタ、3.5mm→標準プラグ変換アダプタ、ノイズアイソレーティング・イヤチップ(ソフトシールS/M/L x1ペア)、コンプライ(Tsx-500 Mサイズ x1ペア)
SuperDarts Titanium+Remote
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、SuperDarts Titanium+Remoteのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)※iPod classic直差しでのデータ

SuperDarts Titanium+Remote 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

SuperDarts Titanium+Remote 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog


<<中々更新できず、申し訳ございません | ホームへ | ~特 集~ フジヤエービック主催、秋のヘッドホン祭2018記事(写真多め)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iearhead.blog54.fc2.com/tb.php/7264-250609de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)