FC2ブログ

タイトル画像

Aurisonics ROCKETSのレビュー

2018.08.05(00:14) 7257

eイヤホンにて8,000円で購入。展示品(中古品)です。


主な特徴
・2014年11月7日発売で、生産終了品。
・色はシルバーのみ。
・ケーブルの色は白色と赤色or青色。左右の判別がつきやすい。
・ケーブルの形状はY字型で、長さは120cm。癖は付きにくく、非常にしなやか。
・タッチノイズは少し多め。
・ケーブルはできない。ケーブル素材には耐久性の高いケブラーを使用。IP65相当の防水性能も備える。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップはシリコン製で4サイズが付属。
・装着感は良い。
・装着方法は、通常通り、耳からケーブルを垂らして装着。いわゆるシュア掛けでも装着可。
・セミハードケースと思われるケースが付属。今回購入品には付属していなかったので詳細は不明。
・本体のデザインは普通。単なる金属製の筒にしか見えず、非常にシンプル。本体そのものは小さい。
・音漏れは非常に少ない。音抜けの穴は無いが、背面のケーブルが出ている個所から少しだけ漏れていると思われる。図書館でも使えそうな音漏れの少なさである。
・遮音性は非常に高い。
・音量は少し取りづらい。iPodなら最大音量の7.5割程度で十分。
・音場は上下方向には広がらず、左右方向には広め。立体感の表現が良い気がする。
・ドライバは5.1mmのダイナミック型。
・今回の中古購入品は、本体とイヤーチップだけのセット。
・非常に頑丈な製品で、米軍の調達基準にも見合う堅牢性を重視。ハウジングはチタン製。防水性能にも優れており、IP65相当に対応。水中で再生しても音が聞けるらしい。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・生産終了品。新品在庫は無さそう。
・新品販売時は28,000円前後が相場。中古は14,000円前後。

音質、音域のバランス(イヤーチップはLサイズを使用)
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスは中~高音域より。
・高音域の量は十分。伸びは中々良い。少々刺激的だが痛さはほぼ無い。
・中音域の量も十分。軽やかで綺麗な音色。
・低音域の量は少々控えめ。こちらも軽やかな印象で重厚な印象は無い。
・重低音は量も少々控えめ。締まりと言う点は悪くないが、全体的に薄い印象があり存在感は薄め。
・全体的にクリアな音色で、篭ったような印象は全くない。ある意味で素っ気ないようにも聴こえるが、この機種の特徴という事にしておく。
・楽器の数が増えても無理をしている印象が無く、普通に聴けてしまうのは正直驚いた。他の小口径ドライバとは一味違う様子。
・ボーカルは男女とも結構得意。女性ボーカルは少々あっさりした印象。
・サ行の痛さは控えめ。タ行の方が痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、ボーカルの位置が少々遠くなり、低音域の量感が少々増える。ポタアンの有無の影響は割と控えめな印象。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆★

オススメ度☆☆☆☆
・音質はなかなか良い。音域のバランスは中~高音域より。
・全体的にクリアな音色で、綺麗な音色。
・低音や重低音は少々控えめ。イコライザやアンプで調整すると更にバランスが良くなる。
・音漏れは非常に少なく、遮音性は非常に高い。
・サ行の痛さは控えめ。タ行の方が痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、ボーカルの位置が少々遠くなり、低音域の量感が少々増える。ポタアンの有無の影響は割と控えめな印象。
・最大の特長は頑丈さ。このイヤホンが物理的に壊れるとすれば、先に一緒に使っているDAPが壊れている事だろう。

スペック
・型式:ダイナミック型
・ユニット径:5.1mm
・出力音圧レベル:105dB(1kHz)
・再生周波数帯域:18Hz~22kHz
・インピーダンス:16Ω
・コード:1.2m(Y字型コード、L字型ステレオミニプラグ、耐久性の高いケブラー素材を使用)
・質量:22g
・付属品:イヤーピース(4サイズ)
・その他:IP65相当の防水性能
ROCKETS
メーカーサイトは見つからず。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、ROCKETSのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)※iPod classic直差しでのデータ

ROCKETS 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

ROCKETS 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog


<<SONY XBA-H3のレビュー | ホームへ | JVCケンウッド HA-FX1100のレビュー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iearhead.blog54.fc2.com/tb.php/7257-76433c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)