FC2ブログ

タイトル画像

JVCケンウッド HA-FX1100のレビュー

2018.07.22(00:25) 7256

じゃんぱらにて9,800円で購入。中古品です。


主な特徴
・2014年12月の現行機種。生産終了していると思われ、新品は流通在庫のみ(メーカーサイトに「この商品は数量に限りがありますので、品切れの時はご容赦ください」と記載あり)
・後継機種は「HA-FW01」と思われる。
・振動板や本体に木材を使用した、同社の「ウッドシリーズ」。
・色は「木目」のみ。
・ケーブルの色は黒色で布巻。
・ケーブルの形状はY字型で、長さは120cm。癖は付きにくく、非常にしなやか。
・タッチノイズはやや多め。
・ケーブルは着脱可能。端子はMMCX。線材は6N-OFC。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップは2サイズの低反発イヤーピースとシリコン製5種類(S,MS,M,ML,Lサイズ、同社のスパイラルドットイヤーピース)が付属。
・装着感は良い。
・装着方法は、通常通り、耳からケーブルを垂らして装着。本体に対して斜めに音導管が出ているので、いわゆるシュア掛けは想定してない。
・立派なハードケースが付属。
・本体のデザインは良いが、サイズはやや大きめ。
・音漏れはやや多め。音抜けの穴はイヤーチップの後ろに3か所と、背面にある円形の金属部分。電車バス程度なら問題なし。これくらい開けないと篭ってしまうのだろう。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては少々低め。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場はやや広め。
・ドライバは11mmのダイナミック型。
・今回の中古購入品は、本体とケースとLサイズのイヤーチップだけのセット。ケーブルのプラグが壊れていたので、純正ケーブルを別途中古で購入。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・生産終了だが、新品在庫はまだある。
・価格比較サイトでは28,693円が最安値だが、2018年7月にAmazonで開催されたプライムデーでは23,890円で販売されていた。
・中古は22,000円前後。

音質、音域のバランス(イヤーチップはLサイズを使用)
・音質は良い。
・音域のバランスはやや低音より。
・高音域の量は結構出ている。伸びは中々良い。綺麗な音色で少し刺激的。少し遠い印象もある。
・中音域の量も結構出ている。少々奥から聞こえるが、厚みのある音色。
・低音域の量は少々多め。結構厚みがあり、柔らかめの音色。
・重低音は量が多い。こちらも柔らかめの音色で、締まりと言う観点からはもう一歩。
・全体的に高音は刺激的だが、柔らかめの音色といって良さそう。厚みや重みを感じられる音色。
・ボーカルは男女とも結構得意。位置はやや上だが、奥まった印象は無い。
・サ行はやや痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、高音域の情報量が少し増加。また、ボーカルの位置が近くなる。ポタアンの有無の影響は割と控えめな印象。

音質☆☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆☆
・音質は良い。音域のバランスは低音より。
・全体的に高音は刺激的だが、柔らかめの音色といって良さそう。厚みや重みを感じられる音色。
・音漏れはやや多め。遮音性はカナル型イヤホンとして少々低め。
・サ行はやや痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、高音域の情報量が少し増加。また、ボーカルがクッキリと聞こえる。ポタアンの有無の影響は割と控えめな印象。
・個人的にJVCケンウッドの最高傑作のイヤホンだと思う。

スペック
・型式:ダイナミック型
・ユニット径:11.0㎜
・出力音圧レベル:106dB/1mW
・再生周波数帯域:6Hz~45,000Hz(ハイレゾ対応)
・インピーダンス:16Ω
・最大許容入力:200mW
・コード:1.2m(Y字型コード、L字型ステレオミニプラグ、MMCX着脱式、6N OFC)
・質量:13.0g(コード含まず)
・付属品:イヤーピース(S、MS、M、ML、L 各2個)、低反発イヤーピース(S、M 各2個)、コードキーパー、クリップ、キャリングケース
HA-FX1100
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、HA-FX1100のデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)※iPod classic直差しでのデータ

HA-FX1100 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

HA-FX1100 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog


<<Aurisonics ROCKETSのレビュー | ホームへ | ポータブルオーディオビギナーズガイドVer13の公開について>>
コメント
レビューおつでした
FX1100は私が高級イヤホンorヘッドホンにはまったきっかけのイヤホンなんですが楽曲の独特な生々しさが癖になるイヤホンです
互換機種も出ましたがウッドの強みを味わうなら未だにこの機種の方がいいと感じますね

私はやたら重たいので最終的に売っちゃいましたけど…( ̄▽ ̄;)
【2018/07/22 04:11】 | 紅瞳心愛 #- | [edit]
紅瞳心愛様
コメントありがとうございます。

この音色は、この機種でしか聴けないですね。
現行機種は音の傾向が異なり、私はこちらの方が好みです。
【2018/07/22 10:31】 | H.A #gzl2uYGw | [edit]
初めまして。イヤホン選びにいつも活用させていただいています。

この製品の音質評価ですが、グラフでは満点になっていますが、テキストでは3.5星になっています。
打ち間違いでしょうか?些細なことで申し訳ないですが。
【2018/07/23 13:33】 | ななし #- | [edit]
ななし様
コメントありがとうございます。

単純な記載ミスです。早速修正いたしました。
ご指摘ありがとうございます。
【2018/07/25 00:12】 | H.A #gzl2uYGw | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iearhead.blog54.fc2.com/tb.php/7256-5d6c49b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)