FC2ブログ

iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Elecom EHP-R/CC1000Aのレビュー

ホームセンターにて2,138円でブルーを購入。


主な特徴(レビュー時点で)
・2016年6月下旬の現行機種。メーカーサイトでは「在庫限定」とあるので、生産は終了しており、流通在庫のみではないかと思われる。
・本体カラーは「ブラック」「ブルー」「ピンクゴールド」「ピンク」「レッド」「シルバー」の6色。
・ケーブルの色は黒色で統一。
・ケーブルの形状はY字型。長さは1.2m。リモコンマイクは無い。
・ケーブルの癖は非常につきやすい。
・タッチノイズの量はかなり多い。
・ケーブルは着脱できない。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップはシリコンタイプ3サイズ(S,M,Lサイズ)が付属。
・イヤーチップの色は黒色で統一。
・装着方法は通常通りケーブルを垂らして装着。耳にケーブルを回す方法(いわゆるシュア掛け)も可能なのでタッチノイズが気になる人向け。
・装着感は良い。
・化繊製(?)のポーチ類が付属。十分な大きさで付属品も収納可能。
・本体のデザインはやや良い。
・音漏れはやや少なめ。音抜けの穴は側面に1か所(L、R表示の近く)。電車バス程度では問題なし。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては少し高め。
・音量は取りやすい。iPod classicなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場の広さは上下方向には少し狭く、左右方向は少し広め。位置は目線より上に集まる。
・ドライバは8.8mmのダイナミック型で、ハイレゾ対応イヤホン。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は2,000円前後。某価格比較サイトでは3,000円程度と表示されるが、ヤマダ電機やホームセンターで価格確認済み。
・発売当時は7,000円前後する中価格帯のイヤホン。発売から時間がたつと大幅値下げするElecom流は相変わらず。

音質、音域のバランス(Mサイズイヤーチップを使用)
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスは中~高音域より。
・高音域の量は十分。伸びは中々良い。派手で刺激的な音色。
・中音域の量感も十分。少々奥から聞こえるが、やや押しの強さがある。
・低音域の量は少々控えめ。それなりの量は出ているが、薄くて遠い印象が強い。
・重低音の締まりは良いものの、量感はやや控えめ。さらに薄い印象もある、存在感は薄め。屋内で使って丁度良いくらい。
・全体的には中~高音域が目立つ。繊細さよりは派手に楽しませる印象が強い。一方で低音や重低音は控えめで。こちらに期待する機種ではない。
・ボーカルは男女とも非常に近く得意。ともに力強さが印象的。
・サ行の痛さはかなり強い。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、音場が少し広がり、全体的に位置が近くなる。高低のレンジも広がる。変化の度合いは、あまり大きくない。

音質☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・音質はまぁまぁ。音域のバランスは中~高音域より。
・全体的に繊細さよりは派手に楽しませる印象が強い。一方で低音や重低音は控えめで。こちらに期待する機種ではない。
・音漏れはやや少なめで、遮音性は少し高め。
・ボーカルは男女とも非常に近く得意。ともに力強さが印象的。
・サ行の痛さはかなり強い。
・タッチノイズはかなり多く、この機種の弱点。
・もともと7千円近くする機種だが、現在は2千円前後で購入可能。

スペック
・型式:密閉型、耳栓タイプ
・ドライバーユニット:ダイナミック型(8.8mm)
・インピーダンス:16Ω
・音圧感度:102dB/mW
・最大入力:100mW
・再生周波数帯域:5Hz~45kHz
・コード:1.2m(Y型コード、L字型ステレオミニプラグ)
・カラー:ブラック、ブルー、ピンクゴールド、ピンク、レッド、シルバー
・質量:約10g (コード含まず)
・付属品:イヤーキャップ(S/M/L)、コードキーパー、ポーチ、保証書
・保証期間:1年
EHP-RCC1000A
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、EHP-R/CC1000Aのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)※iPod classic直差しでのデータ

EHP-RCC1000A 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

EHP-RCC1000A 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。