iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

Final FI-F3BALS(F3100シルバー)のレビュー

ビックカメラにて18,958円で購入。



主な特徴
・2016年12月16日発売。
・新品はビックカメラ、コジマ、ソフマップだけで販売するビックカメラグループオリジナルモデル。
・通常モデルはブラックアルマイト仕上げに対し、本品はシルバーアルマイト加工となっている。
・本体カラーは「シルバー」のみ。
・ケーブルの色は黒色。
・ケーブルの形状はY字型。長さは120cm。一見、捻じってあるような加工のあるケーブルだが、見た目だけであり、こういう溝のあるケーブルである。
・ケーブルの癖は少し付きやすい。ケーブル自体は非常にしなやか。
・ケーブルは着脱できない。
・タッチノイズは少しある。
・プレイヤーとの接続プラグは、L字型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップはシリコン製5サイズと、フォームタイプ3サイズが付属。ちなみに通常モデルとは少し違うイヤーチップである(メーカーから聞き取り)。
・装着方法は、通常のケーブルを垂らす装着方法。タッチノイズが気になるなら耳にケーブルを回す方法(いわゆるシュア掛け)でも全く問題ない。
・装着感は良い。非常に軽く小さいため、扱いやすい。
・シリコン製のポーチが付属。色々なギミックがあり、非常に考えられているが、正直面倒でもある。個人的には密閉できないという点がどうしても気になる。
・非常に小さく、シンプルなデザイン。
・音漏れはわずかにある。音抜けの穴は無く、ハウジング内の音が響いて漏れている。
・遮音性はかなり高い。
・音量は比較的取りやすい。iPod classicなら最大音量の6.5割程度で十分。
・音場はかなり狭い。音が非常に近く、ほぼ全ての音が中央集まる。
・ドライバはシングルバランスドアーマチュア型。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・新品はビックカメラグループ(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)だけで販売。
・価格は税込18,144円で統一。私が買った頃より少し安くなっている。

音質、音域のバランス(中間サイズのイヤーチップを使用・iPod classic直差し)
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスは中~低音域より(シュア掛けをして耳奥に入れて聴く場合)、もしくはフラット傾向(シュア掛けせず、耳奥に入れずに聴く場合)。
・高音域の量は十分。伸びはまぁまぁ。やや刺激的があり、派手な印象。
・中音域の量感も十分。綺麗でやや派手な音色。前面に出てくるので派手な音も含めて目立つ。
・低音域の量感も十分。シングルBAドライバにしては力強い音色。
・重低音の量感はまぁまぁだが、締まりや芯があって存在感がある。
・まず、ボーカルが得意。これが一番手に言える。全体的にクッキリとした音色で、派手な音色。一方でしっかりとした低音を出すので面白い。
・割と細かい音まで拾えるタイプで、情報量が多い。一方で音場が狭く、色々な音が中央に固まるのは好みが分かれそう。
・シュア掛けで耳奥に入れて聴く場合と、通常通り装着して、耳穴の手前で聴く場合では、結構音が違う。まずは両方試すと新たな音が聴けるかも?
・ボーカルは男女ともに非常に得意。一番の特長(特徴?)と言える。前面に出てくるので個人的には好みだが、近すぎると思う人も多そう。
・サ行は少し痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、音場が広がり、高音域の情報量が増加。更にクッキリした音色になる。その代わり、痛さや鋭さも増す。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスは弱ドンシャリ(シュア掛けをして耳奥に入れて聴く場合)、もしくはフラット傾向(シュア掛けせず、耳奥に入れずに聴く場合)。
・シュア掛けで耳奥に入れて聴く場合と、通常通り装着して、耳穴の手前で聴く場合では、結構音が違う。まずは両方試してみましょう。
・全体的にクッキリとした音色で、派手な音色。一方でしっかりとした低音を出すので面白い。
・情報量は多いが、音場が狭く、色々な音が中央に固まるのは好みが分かれそう。
・ボーカルは男女ともに非常に得意。前面に出てくるので、近すぎると思う人も多そう。
・音漏れは非常に少ない。遮音性はかなり高め。
・サ行は少し痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、音場が広がり、高音域の情報量が増加。更にクッキリした音色になる。その代わり、痛さや鋭さも増す。

スペック
・筐体:アルミニウム
・ドライバー:シングル バランスドアーマチュア型
・周波数特性:5~40,000Hz
・インピーダンス:42Ω
・感度:106db/mW
・ケーブル:1.2m(Y字型ケーブル、L字型ステレオミニプラグ)
・重量:10g
・付属品:キャリーケース、イヤピース2種、安全装着リング、イヤーフック、綿棒
FI-F3BALS
メーカーサイトはこちら(ビックカメラの通販サイトにリンク)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、FI-F3BALSのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)
※iPod classic直差しでのデータ

FI-F3BALS 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

FI-F3BALS 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。