JVCケンウッド HA-FX711Sのレビュー

Category: イヤホンレビュー  08/06 /2017 (Sun)

セブンイレブンにて1,077円で購入。


主な特徴
・セブンイレブン系列のみ販売。
・生産終了?現在は筐体が大きくなった「HA-FX711T(?)」が販売中。
・本体カラーは「ブラック」「ホワイト」「ピンク」の3色。
・ケーブルの色は本体色と同じ。
・ケーブルの形状はY字型。長さは1.2m。分岐後はかなり細いケーブルを採用。
・ケーブルの癖はやや付きやすい。ケーブル自体は非常にしなやか。
・ケーブルは着脱できない。
・タッチノイズの量はややある。
・プラグはストレート型のステレオミニプラグ。金メッキされていない。
・イヤーチップはXS,S,Mの3サイズ付属。
・装着方法は通常のケーブルを垂らす装着方法。耳にケーブルを回す方法(いわゆるシュア掛け)は形状から難しい。
・装着感は良い。本体サイズが小さい点も良い。
・ポーチ類は付属しない。
・デザインは普通だが、プラスチッキー。メタリックな外観なので、まだ良いかも。
・音漏れは少しだけある。音抜けの穴はL・Rの文字の近く。本体からケーブルが出る箇所からも音漏れしている。電車バス程度なら問題無し。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては、少し高め。
・音量は取りやすい。iPod classicなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場は上下方向やや狭く、左右方向には少し広い。全体的な位置が頭上近辺に集まる。
・ドライバはダイナミック型。大きさは説明書にも記載が無く不明。
・意外にもケーブルキーパーが付属。この価格で付属するのはスゴイ。
・見た目から考えると、同社「HA-FR8」のリモコンマイク無しバージョンかも。
・ただ、スペック上は「HA-FR8」よりインピーダンスが2Ω低い(他のスペックは全く同じ)。リモコンマイクを外した影響?
・割と電車やバスで見かけるイヤホン。コンビニ販売の強さを思い知る。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・現在は生産終了?私の知る限り、セブンイレブンでは新機種に切り替わっている。
・新品価格は1,077円が最安値。
・セブンイレブンやイトーヨーカ堂で販売。

音質、音域のバランス(シリコン製イヤーチップMサイズを使用)
・音質はまぁまぁ。1,100円で買えるなら十分だと思う。
・音域のバランスは弱ドンシャリ。
・高音域の量は十分。伸びはそれなり。鋭さや痛さはかなりあるため目立つ。
・中音域の量感も十分。奥から聴こえるが、埋もれる事は無い。綺麗でクッキリした音色。
・低音域の量感も十分。大きな癖が無く聴きやすい印象。
・重低音の量感も十分。比較的締まりがあり、バランスが取れている。
・全体的には弱ドンシャリ。高音域が派手でキンキンと聞こえるのが印象的だが、それ以外は極端な癖は無い。
・音質面で2~3,000円のイヤホンには勝てないし、篭っている印象になるが、1,000円前半のイヤホンとしては安定感がある。
・緊急でイヤホンが必要な際は普通に使える機種。
・ボーカルは男女ともに得意。
・サ行はやや痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと音場が全体的に近くなり、目の高さが音場の中心となる。低音域の篭った印象が薄れるのも印象的だが、大きな変化はない。

音質☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆★
・音質はまぁまぁ。1,100円で買えるなら十分だと思う。
・音域のバランスは弱ドンシャリ。
・全体的には弱ドンシャリ。高音域が派手でキンキンと聞こえるのが印象的だが、それ以外は極端な癖は無い。自宅使用では聴き疲れしやすいかも。
・音漏れは少しだけある。遮音性はカナル型イヤホンとしては少し高め。
・ボーカルは男女ともに得意。
・サ行はやや痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと音場が全体的に近くなり、目の高さが音場の中心となる。低音域の篭った印象が薄れるのも印象的だが、大きな変化はない。
・1,100円でお釣りがくるイヤホン。いわゆる地雷機種ではないと思うので、どうしてもイヤホンが必要という緊急時には普通に使える。

スペック(箱の記載から転記)
・型式:ダイナミック型
・再生周波数帯域:10~23,000Hz
・インピーダンス:14Ω
・感度:101dB/mW
・最大許容入力:200mW(IEC規格)
・質量:約3.7g(コード含まず)
・ケーブル:1.2m(Y字型、金メッキされていないストレート型ステレオミニプラグ)
・付属品:イヤーピース(XS,S,Mサイズ)、ケーブルキーパー
HA-FX711S-B
メーカーサイトは見つからず。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、HA-FX711Sのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

HA-FX711S 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

HA-FX711S 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback