HIFIMAN、振動板に幾何学模様のメッキを施した最上位イヤフォン「RE2000」を8月4日発売

Category: 新製品ニュース  07/31 /2017 (Mon)

HIFIMAN JAPANは、フラッグシップイヤフォン「RE2000」を8月4日発売する。
概要は以下の通り。

・価格は18万円だが、「2017年 HIFIMAN 新製品発売記念キャンペーン」として8月4日~8月31日までの期間は3万円引きの15万円で販売。

・9.2mm径のダイナミック型ドライバを1基搭載。
・振動板に新技術を使った「トポロジータイヤフラム」を採用しているのが特徴。

・振動板の表面に特殊なメッキ処理を施したもので、コーティングが特別な幾何学模様となっている。
・様々な音色に応じて、幾何学模様の形状、配合物、厚さを調整することで、「周波数応答の完璧なコントロールを目的としている」という。

・博士号を持つHIFIMANのCEO、Dr.Fangの「異なるナノ素材は構造が違い、特性も違う」という発想からヒントを得て開発。
・振動板の異なる表面構造の特性を適切に調整することで、「ワイドで滑らかなサウンドを実現した」とする。

・トポロジーダイヤフラムの構造により、分割振動による歪みを大幅に低減。
・振動を理想的な動作に近づけている。

・ケーブルは着脱可能。
・ハウジングには真鍮を採用。24金のメッキを施し、「表現力の豊かさを向上させ、さらに上品なサウンドを実現した」という。

・周波数特性は5Hz~20kHz。
・インピーダンスは60Ω。

・感度は103dB。
・ケーブルは銀メッキ結晶銅。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback