ラディウス初の耳掛け式・MMCX対応ハイレゾイヤフォン2機種をビックカメラグループ限定で7月14日から発売。

Category: 新製品ニュース  07/12 /2017 (Wed)

ラディウスは、耳掛け式ハイレゾイヤフォン2機種を、ビックカメラグループ限定で14日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。
・店頭予想価格は、ハイブリッド型「HP-HHR11R-K」が14,980円前後、ダイナミック型「HP-DHR01R-K」が9,980円前後。
・カラーはどちらもブラック。
・ビックカメラ、コジマ、ソフマップのオーディオ製品を取り扱っている各店で販売。

・ラディウス初のケーブルを耳に掛けて装着するタイプのイヤフォン。
・装着感が向上し、タッチノイズを軽減。
・専用開発のイヤーフックも同梱。
・フックはできるかぎり薄くして着用時の不快さを軽減。
・両端部分のシリコン厚は幅広に取り、イヤーフック着脱時にケーブルがフックから外れるのを防いで付け直しや紛失をしにくくした。

・MMCXによるケーブル着脱が可能。
・ケーブルは約120cmのY型で、入力は金メッキのステレオミニ。
・ハイブリッド型のケーブルでは、ツイストケーブル構造を採用。ノイズに強く高SN、高解像度でタッチノイズにも強い。
・XS/S/M/Lのイヤーピース各1セットや、収納ケースが付属。

ハイブリッド型「HP-HHR11R-K」
・バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを1基、8mmダイナミック型ユニットを1基搭載。
・低音から高音まで力強さと繊細さのバランスがよく、ボーカル曲では歌声が際立ち、「声の響き」を楽しめるとする。
・再生周波数帯域は20Hz~40kHz。
・感度は98±2.5dB。
・最大入力は5mW。
・インピーダンスは17Ω±15%。
・重量は約16g。

ダイナミック型「HP-DHR01R-K」
・8mmダイナミック型ユニットを1基搭載。
・「塊のような力強い重低音と、素直な中高音」が特徴。「ギターが重なるようなロックテイストな曲調と相性が良い」という。
・再生周波数帯域は20Hz~40kHz。
・感度は98±3dB。
・最大入力は5mW。
・インピーダンスは16Ω±15%。
・重量は約15g。

7月14日発売ですが、7月12日には試聴機が置いてあり、早速試聴しました。
印象としては「ハイブリッド型【HP-HHR11R-K】」と「ダイナミック【HP-DHR01R-K】」は、試聴機が間違っているのでは?と思うほど逆でした。

「ハイブリッド型【HP-HHR11R-K】」は重低音ボコボコのイヤホンで中音域は少し遠めのドンシャリ。
「ダイナミック【HP-DHR01R-K】」はシャキシャキとした高音域を中心に比較的バランスの良いドンシャリ。
短時間の試聴でしたが、「ダイナミック【HP-DHR01R-K】」の方が良いかな?と思いました。
本体が逆ではないですよね?ビックカメラ新宿西口店さん。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback