64 AUDIO、40万円を超えるハイエンドイヤフォン「tia Fourte」。BA 18基搭載モデル「U18 Tzar」を6月23日発売

Category: 新製品ニュース  06/22 /2017 (Thu)

ミックスウェーブは、米64 AUDIOのユニバーサルタイプのイヤフォン新製品として、フラッグシップの「tia Fourte」(ティア・フォルテ)と、ユニバーサルでは世界初という18ドライバ搭載「U18 Tzar」を6月23日に発売する。
概要は以下の通り。

・いずれのモデルにも64 AUDIOのイヤフォンでこれまで採用してきた“第二の鼓膜”と呼ばれる専用モジュールを搭載。
・聴覚障害リスクを抑える「apex(Air Pressure Exchange) Technology」を引き続き採用。
・人間の鼓膜にかかる音圧を吸収する。

tia Fourte
・価格はオープンプライス、店頭予想価格は407,200円前後。

・新技術「tia(Tubeless In-ear Audio)」を採用しているのが特徴。
・「tia Fourte」は、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)のハイブリッドタイプだが、tiaテクノロジーはBAドライバに投入。
・筐体を密閉にせず、オープンにする事で、ドライバ自体が持つポテンシャルを引き出し、振動板からの音が直接得られる。
・さらに、共振問題も排除、音導管やダンパーも不要になったという。
・音導管を使わず、音導孔を1つにするシングルボア設計を採用。
・口径の大きな音導孔はそれ自体が音響形成チャンバーとして機能し、同じくtiaテクノロジーを採用した高域用BAの周波数レスポンスを助ける効果もある。

・ドライバ構成は低域×1、tia仕様の中域×1、中高域×1、tiaの高域×1の4ウェイ4ドライバ。
・筐体はアルミニウムの無垢材から機械加工で作り上げており、フェイスプレートには耐久性が高く、エレガントなパティナ仕上げ(緑青仕上げ)の銅を採用。
・シェルの内部にはアコースティック・チャンバーを用意。
・「スタジオルームが各部屋に設置してあるスピーカーに対し、最適化されたルームチューニングを持つのと同様に、 各ドライバの為に最適化され、不必要な共鳴を取り除く」とする。
・インピーダンスは10Ω。
・再生周波数特性は5Hz~22kHz。
・感度は114dB。

U18 Tzar
・価格はオープンプライス、店頭予想価格は339,400円前後。
・BAを18ドライバ搭載したユニバーサルイヤフォン。
・「究極のリファレンスサウンドを求めるオーディオ愛好家、ミュージシャン向けに設計された」という。
・BAの構成は、低域×8、中域×8、tia中高域×1、tia高域×1の4ウェイ。
・中高域と、高域向けのBAに、tiaテクノロジーを投入。
・インピーダンスは9Ω。
・再生周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は115dB。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback