AKG、ハイブリッドNC搭載で2万円を切る小型筐体イヤフォン「N20NC」を6月17日発売

Category: 新製品ニュース  06/14 /2017 (Wed)

ハーマンインターナショナルは、ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能(NC)を搭載したAKGのイヤフォン「N20NC」を6月17日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、直販価格は19,880円。
・カラーはブラック。
・2015年に発売した小型ハウジングのイヤフォン「N20」の音質を継承し、NC機能も加えた新モデル。

・騒音集音用マイクをハウジング外側に配置するフィードフォワード方式と、 鼓膜に近いドライバユニット側に配置するフィードバック方式の両方を用いたハイブリッド方式。
・AKG独自のキャンセリング信号回路と合わせて「クラス最高レベルの騒音低減率」としている。
・NC機能の連続使用時間は最大20時間。
・バッテリとノイズキャンセリングモジュールはケーブル中間部に備える。
・電源をオフにした場合も、通常のイヤフォンとして利用できる。

・ハウジングはオーバル型のデザイン。
・ハウジング部分から音筒が斜めに伸びる「アングルド・イヤチップ構造」をN20NCのために新設計し、装着感と遮音性を高めている。

・新開発の10mm径ダイナミック型ドライバと、振動版の振幅時に発生する背圧を最適化する「ベンチレーション・システム」を搭載。
・「サイズを感じさせないワイドレンジ再生と広々とした空間表現を実現。
・豊かで厚みのある低域と、クリアで伸びやかな中高域が、残響音さえ余すことなく再現する」としている。

・ケーブル部に「4極プラグ対応スマートホン用マイク付ユニバーサル3ボタンリモコン」を装備。
・背面スイッチでAndroid用/iOS用の切り替えができる。
・ケーブルは「ハイブリッド・シース」構造で、 ケーブルのYコネクタから下部は、柔軟性が高く断線しにくい布製被覆、上部は衣類などの摩擦によるノイズを抑えるラバー被覆。
・ケーブル長は1.2m。

・周波数特性は12Hz~22kHz。
・感度は96dB/mW。
・インピーダンスは16Ω。
・プラグは4極ステレオミニのストレート型。
・ケーブルを除く重量は15g。
・イヤーピースはXS/S/M/Lの4サイズを同梱。
・キャリングケースやフライトアダプタ、充電用USBケーブル、クリーニングツールも付属する。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback