Panasonic RP-HC200のレビュー

Category: NCヘッドホン・イヤホンレビュー  06/11 /2017 (Sun)

ハードオフにて540円で購入。中古品です。



主な特徴
・日本では販売されておらず、海外のみ流通するノイズキャンセリングヘッドホン。
・現在は生産終了の様子。
・色は「ブラック」「イエロー」「グレイ」の3色。
・ケーブルは両出しで全長1.5mのストレートケーブル(プラグ~分岐前:約105cm、分岐後~本体:約45cm)。
・ケーブルは黒色。非常にしなやかで、癖は少し付く程度。
・ケーブルは出来ない。
・タッチノイズは少ない。
・プレイヤーとの接続プラグはL字型のステレオミニプラグ。金メッキされていない。
・本体は折りたたみ可能。ハウジングが90度回転するスイーベル機構搭載。
・デザインは安っぽい。サイズは小さい。
・耳への装着はアラウンドイヤー(耳覆い)。
・装着感はなかなか良い。側圧は少しだけ強め。
・イヤーパッドの素材は人工革。
・重量は157g(ケーブル含まず)と軽い。
・ヘッドバンドの長さは9段階の調整が可能。長さの余裕は少しある。私は5段階程度で使用。
・音漏れは少しある。音抜けの穴は本体上部と横の2か所。おそらくはノイズキャンセリング用のマイク穴。
・遮音性はヘッドホンとしては少し低め。
・ポーチがは付属するが、今回は中古品のため素材や使い勝手は不明。
・音場はやや狭い。
・音量は少し取りづらい。iPodなら最大音量の7.5割程度で十分。

ノイズキャンセリングユニットについて
・スイッチは左ハウジングに後方にある。
・ノイズキャンセリングユニットは本体内に収納されている。
・スイッチはON・OFFのみ。ボリュームコントロールやモニターボタンは無い。
・電源OFFでも音が出せる。なお、音質や音量は少し変わるが、変化の度合いは非常に少ない。
・電源は単4電池1本。電池持続時間は約60時間。

ノイズキャンセリング機能について
・NC機能使用後のホワイトノイズは少し気になる程度。音楽が流れればまず気にならない。
・NC性能は比較的弱い傾向。
・NC機能使用時にありがちな圧迫感はあまり無い。かなり優秀。

NC性能を確かめるため、地下鉄で以下のことを確かめた。
・男性、女性の声(アナウンス含む)は、かなり聞こえる。
・電車内の空調の音はやや消えた。
・電車が加速する際の「ウィーン」という音は、ほぼキャンセルできない。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・定価は119.00ドル。実売は70ドル前後の様子。
・海外の中古は30~40ドル程度。

音質、音域のバランス
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスはフラット傾向~少しだけ中~高音域より。少し低音域は控えめ。
・高音域の量は十分。伸びはそれなり。少し派手な傾向。
・中音域の量は十分。奥から聞こえているが、手前まで出てくる。落ち着いた音色だが、かなり響くので好みが分かれそう。
・低音域は量は十分。高~中音域はやや派手・響くため、存在感は薄めに感じる。大きな癖は無いが、少し柔らかめな音色か。
・重低音の量も十分。比較的締まりがあり、低音とは質感が少し違う。
・個々の音域で癖はあるが、全体的には比較的バランスが良く聞きやすい音色。情報量も少し多いという印象。
・ボーカルは男女ともになかなか得意。いずれも手前に出てくる。
・サ行はやや痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと全体的にクッキリとした音色になり全体的な情報量も多くなる。変化の度合いは大きめ。


音質☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆★

オススメ度☆☆☆★
・音質はまぁまぁ。バランスは少し中~高音域より。
・個々の音域で癖はあるが、全体的には比較的バランスが良く聞きやすい音色。情報量も少し多いという印象。
・ボーカルは男女ともに中々良い。
・NC機能は比較的弱い傾向。一方で気圧が上がった(下がったような)ような圧迫感は無い。
・NC機能が約60時間使えるのも良い。電池も単4電池1本と入手が簡単。
・密閉型ヘッドホンとしては音漏れは少しある。遮音性は低め。
・側圧は少し強めだが、装着感は悪くない。
・ヘッドホン機能がメインでノイズキャンセリングがオマケという印象の機種。

スペック
・タイプ:密閉ダイナミック型(アラウンドイヤー)
・ドライバ径:35mm
・カラー:ブラック、イエロー、グレイ
・周波数特性:10Hz~21kHz
・インピーダンス:32Ω(ノイズキャンセリングOFF)、330Ω(ノイズキャンセリングON)
・感度:94dB/mW
・ケーブル:約1.5m(両出し、L字型ニッケルメキプラグ)
・電池:単4電池1本(再生:約60時間)
 ※ノイズキャンセリング機能オフ時も、通常のヘッドホンとして使用可能。
・重量(ケーブル含まず):157g
・付属品:専用キャリングポーチ、航空機用アダプタ
RP-HC200
メーカーサイトはこちら(英語)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、RP-HC200のデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

RP-HC200 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

RP-HC200 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback