パイオニアのLightningイヤフォン「RAYZ Plus」を5月22日から一般販売開始

Category: 新製品ニュース  05/22 /2017 (Mon)

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、iPhoneなどのLightning端子と直結するパイオニアブランドのイヤフォン「RAYZ Plus」の一般販売を22日から開始した。
概要は以下の通り。

・主にヨドバシカメラ・ビックカメラで販売。
・実売17,000円前後。
・音楽再生アプリ「HF Player」もアップデートされ、アプリの課金を行なわなくても、RAYZのユーザーはDSD/FLAC再生機能が利用可能になる。
・ただし、RAYZ Plusではハイレゾで再生にはならない。

・RAYZ Plusは9.2mm径のダイナミック型ユニットを搭載したイヤフォン。
・4月21日からau公式アクセサリー「au+1 collection」取扱店にて先行販売がスタートしていたが、22日から一般販売も開始。

・リモコン部に48kHz/24bit対応のDACを搭載。
・Lightning端子と直結し、デジタルデータをリモコン部でアナログに変換し、再生する。

・ノイズキャンセリング機能も備え、ユーザーの耳に合わせてノイズ低減量などを調整するキャリブレーション機能なども備える。
・Lightning接続用充電ポートをケーブルに装備し、充電しながら通話や音楽再生が楽しめる。
・充電ポートを省いた「RAYZ」というモデルも展開。

・発売に合わせ、「HF Player」も更新。
・RAYZがアプリの無料アンロック対象の機器となり、ハイレゾでの再生にはならないが、DSD/FLACの再生が可能になる。
・さらに、HF Playerが持つリニア位相FIRイコライザで16,000以上の個別バンドで高精細なHDイコライゼーションと、ユーザーがカスタマイズしたEQプリセットの名称の保存、プロのミュージシャンが作成したイコライジングも選択可能になる。
・また、RAYZのアプリ内からもスマートボタンを経由してHF Playerを立ち上げられる設定が追加される。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback