TEAC HP-660i-Bのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  04/23 /2017 (Sun)

ハードオフにて1,620円で購入。
ジャンク品ですが理由はイヤーパッドがボロボロのため。動作は問題なし。


主な特徴
・生産終了品。
・検索しても情報自体がほぼ無い。詳しい発売日は不明。2001年頃には販売されていた様子。
・ジャンク品のため、イヤーパッドがスポンジ状態(通常は人工皮で覆われている)である。
・色はブラック。
・ケーブルは着脱できない。
・ケーブルは両出し。長さは実測で約4.5m。プラグはステレオミニ。
・タッチノイズは少しある。
・本体は折りたたみ出来ない。
・デザインは卵型のような楕円型。全体的にプラスチッキーで安っぽい。
・耳への装着はアラウンドイヤー(耳覆い)。
・装着感は非常に良い。側圧は少し弱め。なお、ヘッドバンドの形状が縦長であり、日本人の頭の形を意識しているように感じる。
・ヘッドバンド部分は厚手のスポンジがあり、頭頂部が楽である。
・重量は不明。重さを計測する機器は無いが、200g以下(ケーブル除く)と予想。
・ヘッドバンドの長さは6段階で調整可能。長さの余裕は少しある。私は3段階まで広げて使用。
・音漏れはやや多い。今回購入した物はイヤーパッドがスポンジ状のため。正常品であれば、もう少し音漏れは少なくなりそう。
・音抜けの穴が本体下部に2か所ある。少し音漏れしている。
・遮音性は低め。先程紹介した通り、イヤーパッドがスポンジ状のため。正常であっても側圧が控えめなので遮音性自体は高く無さそう。
・ポーチ類は付属しないと思われる。
・音場は横方向には少し広く、上下方向はやや狭い。
・音量は少し取りづらい。iPodなら最大音量の7.5割程度は必要。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・価格は検索しても不明。某掲示板の情報では1,980円で新品を購入したという情報が掲載されている。
・いずれにせよ、低価格ヘッドホンであろうと予想される。

音質、音域のバランス
・ジャンク品のため、イヤーパッドがスポンジ状態(通常は人工皮で覆われている)である。
・このため、通常の製品より低音の量が少なく、高音の量や派手さが増大していると考えられる。
・音質はほどほど。
・音域のバランスは高~中音域より。
・高音域の量は十分。伸びはかなり控えめ。少しだけ刺激的な音色だが、痛さはほぼ無い。
・中音域の量も十分。少し奥から聴こえる。落ち着いた音色だが、少し響くような印象。
・低音域の量は少し控えめ。こちらも落ち着いた音色だが、やや奥から聞こえるためか遠慮しているような印象を受ける。
・重低音の量はやや控えめ。比較的締まりはあるが存在感は薄め。
・全体的には落ち着いた音色が印象的。この価格帯で低音が控えめというのは面白い。
・声の表現は男女共にまぁまぁ。位置は比較的近い。妙な(?)響きがあるため、少し違和感を感じる。
・サ行の痛さは少し感じる。
・ポタアン(Fiio A5・ハイゲイン)を使うと、ボーカルが非常に近くなる。全体的に少しクッキリした音色に。変化の度合いは割とある。
・本体に「AV Dynamic」という記載があるので、音楽鑑賞用よりはテレビ観賞用などの機種と思っていたが、その割には低音が控えめ。

音質☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆
・ジャンク品のため、イヤーパッドが通常と異なるレビューである。
・音質はほどほど。音域のバランスは高~中音域より。
・全体的には落ち着いた音色が印象的。
・音漏れはやや多い。遮音性は低め。
・音量は少し取りづらい。
・デザインは全体的にプラスチッキーなので安っぽい。
・声の表現は男女共にまぁまぁ。位置は比較的近い。妙な(?)響きがあるため、少し違和感を感じる。
・ポタアン(Fiio A5・ハイゲイン)を使うと、ボーカルが非常に近くなる。全体的に少しクッキリした音色に。変化の度合いは割とある。
・装着感は非常に良い。長時間使用には向いていると思う。
・検索しても情報が非常に少ない。

スペック(基本的に不明)
・型式:密閉ダイナミック型
・インピーダンス:不明
・ドライバー:不明
・再生周波数帯域:不明
・出力音圧レベル:不明
・重量:不明(200g以下?)
・ケーブル:4.5m(実測値)
・付属品:不明
HP-660i-B
メーカーサイトは見つからず。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、HP-660i-Bのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

TEAC HP-660i-B 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

TEAC HP-660i-B 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback