Beats by Dr.Dre Powerbeats2 wirelessのレビュー

Category: イヤホンレビュー  03/20 /2017 (Mon)

ヨドバシカメラにて3,000円でレッドを購入。ジャンク品扱いです。動作も問題無し。
写真は掲載していませんが、箱や保証書なども一式揃っています。



主な特徴
・「イヤーフック付きの耳かけ」「Bluetooth」「カナル型イヤホン」。
・本体色は「ブラック」「レッド」「ホワイト」「ブルー」「ピンクグレー」「ショックイエロー」「フラッシュブルー」「サイレンレッド」の8色。
・「ブルー」「ピンクグレー」は生産終了で流通在庫のみ。
・後継機「Beats Powerbeats3」が発売されたが、未だに現行機種として発売中。
・ケーブルの色は基本的に本体色と同じ。「本体色ブラック」のケーブルは赤色、「本体色ピンクグレー、ショックイエロー、フラッシュブルー」のケーブルは灰色。
・Applestore限定でリミテッドエディションが発売されている。性能は同じだが色
・ケーブルは両側の本体を接続するフラットケーブル。長さは約50cm。リモコンマイクは、ケーブル分岐後の本体L側近くにある。
・有線接続には対応しない。接続できるのは充電用のmicroUSBケーブルのみ。
・ケーブルの癖はやや付きにくい。ケーブル自体はしなやか。
・タッチノイズの量は普通。
・ケーブルは着脱できない。
・無線接続のみなので、接続プラグは無い。
・イヤーチップはシリコン製。S,M,Lサイズのシングルフランジと、1サイズのダブルフランジが付属。
・装着方法は通常通りケーブルを垂らす方法。イヤーフックがあるので耳にケーブルを回す方法(いわゆるシュア掛け)必要性が無い。
・装着時、ケーブルは首の後ろに通すのが正式らしい。ボタン操作やマイク利用時を考えると、首の前にケーブルを通す方が実用的かも?
・装着感は良い。イヤーフックは長さを調整できないので、人によっては装着しづらいかも。装着時は耳穴に押し込まず、添える程度の装着感。
・ちなみに、イヤーフック部分角度などを変更できる。形状記憶の針金でも入っているのだろうか。
・セミハードケースが付属。付属品も含めて全て収納可能で、大きさは十分。
・デザインは良い。
・音漏れは少し多め。バス電車程度では問題ない程度。音抜けの穴は、イヤーチップの近くと本体下部。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては、やや低め。スポーツ用を意識しているので仕方ないか。
・音量は取りやすい。第6世代iPod touchなら最大音量の4割程度で十分。
・音場は左右にやや狭く、上下には少し広め。
・ドライバはダイナミック型と思われるが詳細は不明。そもそも、スペックの大半が不明。
・耐水/耐汗設計(IPX4)。
・第6世代iPod touchで使用する場合、画面の右上にバッテリー残量が表示されるので便利。

以下、メーカーサイトに記載されている主な特徴
・約9mの範囲でBluetooth端末と簡単に接続可能
・プレミアムなサウンドパフォーマンスと、最長6時間持続の充電式バッテリー
・耐水/耐汗設計(IPX4)
・通話用の滑り止め機能付きインラインマイクとリモコン
・柔軟なイヤーフックを備え、軽量化と小型化を実現

リモコンマイク機能
・Apple、Android製品の両方に対応。
・リモコンはボタンが3個のタイプ。monsterのロゴがボタンになっている。
・中央のボタンを1回押すと、再生・停止( →|| ボタンと同じ)。
・中央のボタンを2回連続で押すと、次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・中央のボタンを3回連続で押すと、曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)。この機能はAndroidでは使えない。
・マイク用の穴は、棒状のリモコンマイク背面にある小さな穴がマイク。私は使ったことが無い。
・+(プラス)ボタンは音量を上げる、-(マイナス)ボタンは音量を下げるだけのボタン。押し続けても1回分しか上下しない。プレイヤーの音量設定と連動する。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は13,824円。
・発売当時は20,000円前後で販売。

音質、音域のバランス(Lサイズのイヤーチップを使用)
・音質は良くない。
・音域のバランスは低音より。
・高音域の量感は控えめ。鮮やかさは無い。やや刺激的があるものの、伸びはあまりない。
・中音域の量感も控えめ。少し奥から聞こえる。軽やかで落ち着いた音色。
・低音域の量感は多い。少し柔らかい音色。
・重低音の量感は過剰なくらい多い。モコモコした柔らかい音色が空間を覆う。
・全体的に見れば、過剰な量の重低音で、全ての音源が低音よりになる。とにかく低音が好みな人向け。
・ボーカルは男女とも割と得意。少し遠くから聞こえるが、中央に位置するので聞き取りやすい。
・サ行は少し痛い。
・上記レビューは第6世代iPod touchの場合。「LGV34」で使用すると、少しクッキリした音色になり、音質面でも少し向上しているように聞こえる。

音質☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆★
中音域☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆
・音質は良くない。
・音域のバランスは低音より。
・全体的に見れば、過剰な量の重低音で、全ての音源が低音よりになる。とにかく低音が好みな人向け。
・音漏れは少しあるが、バス電車程度なら問題無し。遮音性はカナル型イヤホンとしてはやや低め。
・ボーカルは男女とも割と得意。少し遠くから聞こえるが、中央に位置するので聞き取りやすい。
・サ行は少し痛い。
・音量は取りやすい。
・使用する端末によって、結構、音は変わる。
・音以外に特化したBluetoothイヤホン、という印象。


スペック(ほぼ全てのスペックについて記載がない)
・形式:密閉型カナル型
・使用ユニット:ダイナミック型でしょう。大きさは不明。
・インピーダンス:不明
・音圧感度:不明
・再生周波数帯域:不明
・ケーブル:約50cm(有線接続不可、フラットケーブル、L側に3ボタン式リモコンマイク(Apple・Android対応))
・質量:約24g
・付属品:キャリングケース 充電用マイクロUSB ケーブル イヤーチップ4種(S,M,Lサイズのシングルフランジ、1サイズのダブルフランジ)
・保証期間:1年
Powerbeats2
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、Powerbeats2 wirelessのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

Powerbeats2 wireless 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

Powerbeats2 wireless 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback