MONSTER Inspiration In-Ear Headphones(MH INS IE BK CA)のレビュー

Category: イヤホンレビュー  03/12 /2017 (Sun)

ビックカメラ有楽町店にて5,378円でブラックを購入。新品特価品です。

主な特徴
・イヤーフック付きの耳かけカナル型イヤホン。
・生産終了品。2013年10月30日発売。現在はメーカーサイトにも掲載は無い。
・「Inspiration In-Ear Headphones」と「Inspiration in ear」と両方の名称がある。どちらが正しいのかは分からないが、後ろのheadphoneの有無だけなので気にしない事にする。
・「MH INS IE BK CA」という製品名もある。この名前が一番検索しやすい様子。
・色は「ブラック」「ホワイト」の2色。
・ケーブルの色は本体色と同じ。
・ケーブルの形状はY字型でフラットケーブル。長さは約1.2m。リモコンマイクは、ケーブル分岐後のL側にある。
・ケーブルの癖はやや付きやすい。ケーブル自体は非常にしなやか。ケーブル途中に絡み防止のスライダーがある。ケーブルクリップも付属する。
・タッチノイズの量は普通~少し多め。
・ケーブルは着脱できない。
・プラグは少し変わった形で、L字型で4極のステレオミニプラグ。
・イヤーチップは大量に付属する。シリコンイヤーチップ、ジェル・チップス、フォームチップス。いずれも5セット5サイズ付属。
・シリコンイヤーチップは全て黒色。
・ジェル・チップスとフォームチップスは、SSサイズは灰色、Sサイズは白色、Mサイズは黒色、Lサイズは光沢のある暗めの灰色、LLサイズは光沢のある銀色。
・ジェル・チップス、フォームチップスは、各種サイトでは4サイズと表記されている。ほとんど大きさが同じ色違いがあるので、これの事かもしれない。
・装着方法は通常通りケーブルを垂らす方法。イヤーフックがあるので耳にケーブルを回す方法(いわゆるシュア掛け)必要性が無い。
・装着感は良い。イヤーフックは長さや位置を調整できないので、人によっては装着しづらいかも。イヤーチップは大量にあるので、何かしら耳に合うものがありそう。
・ビニール製ポーチが付属。付属品の多さや本体の大きさからみれば割とギリギリの大きさだが、付属品も含めて全て収納可能。
・デザインは良い。
・音漏れはかなり少なめ(ジェル・チップスの場合)。音量に気を付ければ図書館でも使えそう。音抜けの穴は見つからない。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては、やや高め(ジェル・チップスの場合)。
・音量はやや取りづらい。iPod classicなら最大音量の7.5割程度で十分。
・音場は少し広め。全体的な位置は頭上近辺に集まる。
・ドライバはダイナミック型と思われるが詳細は不明。そもそも、スペックの大半が不明。
・耳かけタイプだが、スポーツタイプでは無いので、防滴機能などは無い。

リモコンマイク機能
・箱の表示や記事ではApple製品対応との記載だが、Android製品にも対応。
・リモコンはボタンが3個のタイプ。monsterのロゴがボタンになっている。
・中央のボタンを1回押すと、再生・停止( →|| ボタンと同じ)。
・中央のボタンを2回連続で押すと、次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・中央のボタンを3回連続で押すと、曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)。この機能はAndroidでは使えない。
・マイク用の穴は、棒状のリモコンマイク背面にある小さな穴がマイク。私は使ったことが無い。
・+(プラス)ボタンは音量を上げる、-(マイナス)ボタンは音量を下げるだけのボタン。押し続けても1回分しか上下しない。この機能はAndroidでは使えない。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は10,788円。生産終了品なので、在庫は少なめ。
・発売当時は16,800円前後で販売。生産終了時には1万円前後で販売していた店舗が多い様子。

音質、音域のバランス(Lサイズのジェルチップスを使用)
・音質は中々良い。
・音域のバランスはドンシャリ傾向。
・高音域の量感は十分。結構クッキリとした音色。やや刺激的で痛さがある。伸びは比較的ある。
・中音域の量感も少し控えめ。少し奥から聞こえる分だけ控えめに聞こえる。軽やかで少し派手な音色。
・低音域の量感も十分。少し硬めの音色、という程度で大きな癖は無い。
・重低音の量感はまぁまぁ。空間を大きく覆う事も無く、音場の下側から聞こえる。非常に締まりのある音色で存在感は強め。
・全体的に見れば、クッキリとした派手な音色と、締まりのある重低音が共存する音。ここ最近のトレンドに近い音色だと思う。
・ボーカルは男女とも結構得意。位置は近い。
・サ行は少し痛い。タ行はサ行より痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、音場が顔の中心付近に来て横一直線に並ぶ。少し広めだった音場は狭くなる。音は全体的に硬くクッキリする。
・ただ、ポタアンの有無による差はかなり小さい。音場が上下方向に狭くなる事を考えると、ポタアンの使用は好みの問題程度に感じる。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音質は中々良い。
・音域のバランスはドンシャリ傾向。
・全体的にはクッキリとした派手な音色と、締まりのある重低音が共存する音。
・音漏れは少なく、遮音性はカナル型イヤホンとしてはやや高め。
・ボーカルは男女ともかなり得意。位置は近く、前に出てくる。
・サ行は少し痛い。タ行の方が痛い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと音場が顔の中心付近に来て横一直線に並ぶ。少し広めだった音場は狭くなる。音は全体的に硬くクッキリする。
・ポタアンの有無による差はかなり小さい。音場が上下方向に狭くなる事を考えると、ポタアンの使用は好みの問題程度に感じる。
・見事にiPod用に音響調整されている印象。1万円を超えるイヤホンでポタアン無しでも良いと言える珍しい機種。
・意外と音量が取りづらいので注意。
・影の薄い実力者。割とお気に入りです。

スペック(ほぼ全てのスペックについて記載がない)
・形式:密閉型
・使用ユニット:ダイナミック型でしょう。大きさは不明。
・インピーダンス:不明
・音圧感度:不明
・再生周波数帯域:不明
・ケーブル:約1.2m(フラットケーブル、L側に3ボタン式リモコンマイク(Apple・Android対応)、L字型4極ステレオミニプラグ)
・質量:約22g
・付属品:キャリングケース、ケーブルクリップ、シリコンイヤーチップ、ジェル・チップス、フォームチップス
Inspiration in ear
メーカーサイトには掲載無し。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、Inspiration In-Ear Headphones(MH INS IE BK CA)のデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

Inspiration In-Ear Headphones 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

Inspiration In-Ear Headphones 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback