Skullcandy、震えるワイヤレスヘッドフォン「CRUSHER WIRELESS」を4月7日発売

Category: 新製品ニュース  02/23 /2017 (Thu)

Skullcandy Japanは、サブウーファを左右に追加して低域再生や振動を強化したBluetoothヘッドフォン「CRUSHER WIRELESS」を4月7日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格は21,800円。
・カラーはBLACKとGLAY TANの2種類。
・Bluetooth 4.2準拠のヘッドフォン。
・低域再生に合わせて本体が振動するヘッドフォン「CRUSHER」のワイヤレスモデル。
・中高域を再生する40mm径ドライバに加え、34mm径のサブウーファも搭載した2ウェイ仕様。

・サブウーファは「ステレオハプティックベース(Stereo Haptic Bass)」と名付けられ、自社開発の振動回路によって45〜75Hzの低域信号に反応。
・左右ハウジングで異なる振動を生み出す。
・振動の強さは無段階調節が可能で、左ハウジング下部に備えたスライダーで直感的に調整可能。
・一番下まで下げると振動オフになる。
・また、選曲操作や音量調整用のボタンも備える。

・同社の振動する有線ヘッドフォン「CRUSHER」(2012年発売)では、55Hz以下の低域に反応し、左右とも同じ振動を生み出していた。
・CRUSHER WIRELESSでは新たに左右独立で振動するよう改良。
・音楽だけでなく映画やゲームなどの音声も、より立体的に再生できる。
・ヘッドバンドとスライダーは金属素材を採用して堅牢性を高めた。
・イヤーパッドはPUレザーを使い、形状記憶タイプで装着性を高め、音漏れ防止も図っている。
・スマートフォンなどと連携してハンズフリー通話も行なえる。

・内蔵バッテリはUSB充電に対応。
・約2時間でフル充電でき、連続再生時間は最大40時間(振動最大、音量80%時)。
・付属のリモコンマイク付きケーブルでプレーヤーなどと有線接続し、パッシブのヘッドフォンとしても使用可能。
・その際も、バッテリ残量があれば低域による振動が楽しめるという。
・バッテリ残量が無い場合は振動しない。
・付属品は、充電用USBケーブルと、リモコンマイク付きケーブル、専用ポーチ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback