SONY MDR-AS200のレビュー

Category: イヤホンレビュー  02/12 /2017 (Sun)

秋葉原のUショップにて500円でブラックを購入。中古品です



主な特徴
・2013年02月10日発売の現行機種。
・基本的には、平らな形をした開放型イヤホン。
・装着すると分かるが、音の出る方向は前方を向く、いわゆるバーチカル型。
・スポーツ向けイヤホンだけあり、防滴仕様。
・本体カラーは「ブラック」「ピンク」「ブルー」の3色。
・ケーブルの色は本体カラーと同じ。
・ケーブルの形状はY字型で、長さは1.2m。非常に細く、しなやかで扱いやすい。縦方向に溝があり、絡まりにくい。
・ケーブルの癖は少し付きやすい。タッチノイズは少しある。
・ケーブルは着脱出来ない。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・装着感は非常に良い。ただ、ハウジング部分が大きいので装着しにくい人はいるかも。
・装着方法は通常通り、「ケーブルを下に垂らす普通の方法」。「耳にケーブルを回す方法」で装着する必要性は無い。
・本体のデザインは普通。
・音漏れは開放型なので多め。音抜けの穴は背面に2か所。電車やバスでは音量を控えめに。
・遮音性は低い。
・音量はやや取りにくい。iPodなら最大音量の7.5割程度で十分。
・音場は少し広い。開放型らしく、抜けが良い
・ドライバは13.5mmのダイナミック型。
・付属品はケーブルクリップのみ。ポーチ類は付属しない。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は825円。
・ちなみに、定価は2,350円+消費税。
・現在、SONY公式ストアでも880円+消費税であり、そろそろ生産終了だろうか。

音質、音域のバランス
・この機種は、音の出る方向が前方を向く「バーチカル型」である。
・耳に沿えるように装着する場合と、少し耳に押し込んで装着するのでは、低音域の聞こえ方が全く異なる。
・押し込んで使う際も、耳穴が縦方向に大きいかどうかで聞こえ方が異なる。
・人によっては、本体を少し後ろに傾けて使用すると低音域が聞こえやすくなるかもしれない。
・今回は少し耳に押し込んで使用した場合の評価を記載する。
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスはややドンシャリ。
・高音域の量感は十分。やや派手さで少し痛さはある。伸びは中々良い。
・中音域の量感は単体では十分。他の音域が目立っているだけ。落ち着いた音色で軽やかに聞こえる。少し響くような印象を受ける。
・低音域の量感は十分。やや目立つ音色で、柔らかい・硬いという印象は無い。
・重低音の量感は多め。やや締まりがあり、空間の下3割くらいを覆う。
・ボーカルは男女ともに得意。
・サ行の痛さはほぼ無い。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと、全体的に情報量が増えて、厚みが増すものの、大きな差はない。
・耳に沿えるように装着すると、全体的には低音(特に重低音)が控えめになり、クリアで爽やかな音色になる。

音質☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音質はまぁまぁ。
・装着に仕方次第で低音の量感が大きく異なる。
・開放型イヤホンなので、音漏れや遮音性には期待出来ない。
・空間は少し広め。抜けも良い。
・ボーカルは男女とも結構得意。
・割と音量が必要なのは微妙なところ。
・スポーツ向けイヤホンだけあり、防滴仕様。

スペック
・型式:オープンエアダイナミック型
・ドライバーユニット:13.5mm
・感度:104B/mW
・再生周波数帯域:17~22,000Hz
・インピーダンス:16Ω(1KHz)
・最大入力:50mW
・コード:1.2m(Y型、金メッキL型ステレオミニプラグ)
・質量:12g(ケーブル除く)
・付属品:ケーブルクリップ
・カラー:ブラック、ピンク、ブルー
MDR-AS200
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、MDR-AS200のデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

MDR-AS200 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

MDR-AS200 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback