JH Audio、BA×10ドライバのカスタム「JH16V2 PRO」と約8万円の「JH3X PRO」を2月3日発売

Category: 新製品ニュース  02/01 /2017 (Wed)

ミックスウェーブは、米JH Audioのカスタムイヤフォンの新製品として、「JH16V2 PRO」と「JH3X PRO」を2月3日に発売する。
概要は以下の通り。

「JH16V2 PRO」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は185,926円前後。
・バランスド・アーマチュア(BA)ドライバを片側に10基搭載したカスタムIEM。
・構成は低域×4、中域×2、高域×4の3ウェイ。
・再生周波数帯域は10Hz~23kHz。
・入力感度は118dB。
・インピーダンスは18Ω。
・「soundrIVe Technology」と名付けた独自のミニクワッド・ドライバーを採用。
・音導管はスチール製。
・各帯域の位相を極限まで正確にするという独自技術の「FreqPhase」も投入。
・独自開発したのケーブルを用いて、ユーザーが低域の調整ができる。
・イヤフォンとケーブルは着脱可能で、独自のスクリュー式4ピンコネクタを採用。
・ミュージシャンのライブパフォーマンス中でも耐えられるようロック式を採用。

「JH3X PRO」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は79,723円前後。
・BAを片側に3基搭載。
・構成は低域×1、中域×1、高域×1で、2ウェイ。
・独自の高精度BAドライバを搭載するほか、各帯域の位相を極限まで正確にするという独自技術「FreqPhase」も採用。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback