Unique Melodyのハイブリッドイヤフォン進化。カスタム「MAVERICK II」、ユニバーサル「MAVIS II」を2017年2月下旬頃発売

Category: 新製品ニュース  12/15 /2016 (Thu)

ミックスウェーブは、Unique Melodyのカスタムイヤフォン「MAVERICK II」と、ユニバーサル型イヤフォン「MAVIS II」を2017年2月下旬頃に発売する。
概要は以下の通り。

カスタムIEM「MAVERICK II」
・価格は17万円前後。
・カスタムIEMは、別途耳型採取料が必要。
・カスタムIEM「MAVERICK」の第二世代モデル。
・ハイブリッドタイプで、低域にダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)を各1基、中域にはBA×1、高域はBA×2を搭載。
・4ウェイの5ドライバ仕様。
・フェイスプレート上に2つのベントを設けて、より広い音空間を実現。
・サウンドチューブ(音導管)を、プラチナ塗装の合金製とする事で、音をよりストレートに鼓膜へ届けられる。
・再生周波数特性は10Hz~20kHz。
・入力感度は117.4dB。
・インピーダンスは24.5Ω。
・入力端子はステレオミニ。ケーブルは着脱可能で、2ピン端子を採用。
・現行のカスタム版「MAVERICK」は並行販売する予定。


ユニバーサル型イヤフォン「MAVIS II」
・価格は11万円前後。
・ユニバーサルイヤフォン「MAVIS」の後継機。
・「低域の質、量感ともにより解像感のあるチューニングを施し、中高域は抜けが良く、楽器とヴォーカルラインの分離感が秀でている」という。
・ハイブリッド型で、低域用にダイナミック型ユニット×2基を、中域用にBA×1、高域用にBA×1を搭載。
・3ウェイ4ドライバ仕様。
・ダイナミックドライバを2基、低域用に搭載する事で、「低域にスピード感を持たせたMAVERICKとは異なり、よりディープな低域を引き出してくることでライブハウスに身を置いているかのような」サウンドが楽しめる。
・フェイスプレート上に2つのベントを設ける事で、より広い音空間を実現。
・プラチナ塗装の合金製サウンドチューブも採用。
・再生周波数特性は10Hz~18kHz。
・入力感度は110.6dB。
・インピーダンスは24.3Ω。
・入力端子はステレオミニ。ケーブルは着脱可能で、2ピン端子を採用。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback