JH Audio、3Dプリント技術で小型化したユニバーサル「ROXANNE/JH16 V2 PRO/JH13 V2 PRO」を発表

Category: 新製品ニュース  12/13 /2016 (Tue)

ミックスウェーブは、JH Audioの新イヤフォン「PERFORMANCE SERIES」3機種を発表した。
概要は以下の通り。

・米国での価格は「ROXANNE UNIVERSAL IEM」が1,599ドル、「JH16 V2 PRO UNIVERSAL IEM」が1,299ドル、「JH13 V2 PRO UNIVERSAL IEM」が999ドル。
・2017年2月頃の発売を予定しているが、日本での細かな発売日や、価格は後日発表する。

ROXANNE UNIVERSAL IEM
・「ROXANNE」は、“SIREN SERIES”の第1弾モデルとして開発されたカスタムイヤフォンで、「ROXANNE UNIVERSAL IEM」はユニバーサルタイプ。
・新しい3Dプリンティング技術を採用し、筐体の小型化に成功。
・バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを低域×4、中域×4、高域×4の片側12ドライバ搭載した3ウェイタイプ。
・「soundrIVe Technology」と名付けた独自のミニクワッド ドライバーを採用。
・各帯域の位相を極限まで正確に制御するという独自技術「FreqPhase」を採用。
・独自開発のケーブルは4ピン端子を採用し、ケーブル途中に備えたユニットを操作する事で、左右の低域を調整できる。
・周波数特性は10Hz~23kHz。
・入力感度は119dB。
・インピーダンスは15Ω。

JH16 V2 PRO UNIVERSAL IEM
・「JH16 PRO」の後継モデル。
・BAドライバは低域×4、中域×2、高域×4の片側10ドライバ搭載。
・ミニクワッド ドライバーの「soundrIVe Technology」や、位相を正確に制御する「FreqPhase」も導入。
・新しい3Dプリンティング技術を採用し、筐体の小型化を実現。
・独自開発のケーブルは4ピン端子を採用し、ケーブル途中に備えたユニットを操作する事で、左右の低域を調整できる。
・周波数特性は10Hz~23kHz。
・入力感度は118dB。
・インピーダンスは18Ω。

JH13 V2 PRO UNIVERSAL IEM
・「JH13 PRO」の後継機。
・BAドライバは低域×2、中域×2、高域×4の片側8ドライバ。
・新しい3Dプリンティング技術を採用し、筐体の小型化を実現。
・ミニクワッド ドライバーの「soundrIVe Technology」や、位相を正確に制御する「FreqPhase」も導入。
・ケーブルは4ピンで着脱でき、低域の調整も可能。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・入力感度は116dB。
・インピーダンスは28Ω。


画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback