Campfire Audio、セラミックコーティングに進化したイヤフォンJUPITER CK/ORION CKを12月17日発売

Category: 新製品ニュース  12/13 /2016 (Tue)

ミックスウェーブは、米Campfire Audioのイヤフォン「JUPITER(ジュピター)」、「ORION(オリオン)」の筐体仕上げを、セラミック複合コーティングに変更した「JUPITER CK」と「ORION CK」を12月17日に発売する。
概要は以下の通り。

・航空機グレードの6061アルミニウムの無垢材から精密加工された削り出しの筐体を使っているのは従来と同じ。
・新たにセラミックを原料としたCerakote(セラミック複合コーティング)を仕上げに採用しているのが特徴。
・塗膜硬度が高く、耐摩耗性に優れており、「より長い間筐体の品質を保ってくれる」という。

JUPITER CK
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は86,000円前後。。
・4基のバランスド・アーマチュアユニットを搭載したイヤフォン。
・構成は低域用×2基、高域用×2基の2ウェイ。
・再生周波数帯域は10Hz~28kHz。
・筐体の仕上げだけでなく、付属のケーブルやイヤーピースの仕様も従来モデルとは異なっている。
・音導管を使わないチューブレス設計「TAEC(Tuned Acoustic Expansion Chamber)」を採用しているのが特徴。
・部品の選定にもこだわり、ドライバーにも厳格な調整や性能基準に適合しているかの試験を行ない選別。
・ケーブルは着脱可能で、イヤフォン側端子にはベリリウム銅で加工されたMMCX端子を採用。
・付属のケーブルは、ALO audioとして生産している「Litz Wire Earphone Cable」を使用し、長さは約120cm。
・ステレオミニ接続のケーブルで、従来モデルに同梱していた2.5mm 4極ケーブルは付属しない。
・感度は114dB。
・インピーダンスは35Ω。
・イヤーピースはシリコン、フォーム、SpinFitを同梱。

ORION CK
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は38,700円前後。
・「“Less is more”最小で以って、 最大限の成果を生み出す」 ことをコンセプトに開発されたモデル。
・ユニット構成もシンプルで、BAを1基搭載したシングルドライバーモデル。
・「このフラットなリファレンスサウンドは無邪気なほどシンプルで、 お気に入りの曲をレコーディングされた時のまま再生する」という。
・再生周波数帯域は10Hz~19kHz。
・ケーブルは着脱でき、イヤホン側端子にはベリリウム銅で加工されたMMCX端子を採用。
・付属のケーブルは、ALO audioの「Litz Wire Earphone Cable」で長さは約120cmのステレオミニ接続用ケーブル。
・インピーダンスは22Ω。
・感度は114dB。
・イヤーピースはシリコン、フォーム、SpinFitを同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback