エレコム定番ハイレゾ対応イヤホンをリニューアル。2017年1月中旬発売

Category: 新製品ニュース  12/13 /2016 (Tue)

エレコムは、ハイレゾ対応のイヤフォン「EHP-CH2010A/CH1010A」を2017年1月中旬より発売する。
概要は以下の通り。

共通
・2014年に発売し、同社ハイレゾイヤフォンの定番商品となった「EHP-CH2000/CH1000」をリニューアル。
・ハウジングに高剛性真鍮を採用し、振動を抑制。
・ドライバとボールピース、マグネットを同軸上に配置した音孔構造「Magnetic Turbo Axial Port」により、低域から高域までのレスポンスを高めている。
・従来モデルより前置マグネットを大口径化することで、磁束密度を向上し、ドライブ力を強化。
・「EHP-CH2010A」で11mm径(CH2000は6mm)に、「EHP-CH1010A」は9.4mm径(CH1000は4.8mm)に大口径化。低音再生能力を高めている。
・前置マグネットの大口径化により音道がワイドかつストレートになり、スムーズなレスポンスと正確な音場表現が可能になった。
・カラーはゴールドとホワイト。
・CCAWボイスコイルを採用し、振動のレスポンスを向上させた。
・再生周波数帯域は5Hz~45kHz。
・最大入力は100mW。
・インピーダンスは16Ω。
・ケーブルは1.2mのY型で芯線の中にナイロンを入れることで強度を確保。
・プラグはステレオミニ。
・リケーブルには対応しない。
・奥行き2段階調整機構により、装着感を調整できるデプスフィットイヤーキャップを採用す。
・専用ポーチやケーブルキーパーが付属。

「EHP-CH2010A」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は9,980円前。
・ドライバはラジアル構造のリブを設けた高剛性振動板で12.5mm径。
・音圧感度は106dB/1mW。
・重量は約16g。

「EHP-CH1010A」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は7,980円前後。
・ドライバはラジアル構造のリブを設けた高剛性振動板で、9.8mm径。
・音圧感度は105dB/1mW。
・重量は約12g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback