SONY XBA-100のレビュー

Category: イヤホンレビュー  12/11 /2016 (Sun)

じゃんぱらにて3,980円で購入。中古品です。


主な特徴
・本体カラーは真鍮の色(黄銅色・黄色っぽい金色)のみ。
・ケーブルの色は黒色。
・ケーブルの形状はY字型。長さは約1.2m。リモコンマイクは無い。
・ケーブルの癖は少し付く程度。ケーブル自体は非常にしなやか。銀コートOFC線を採用。
・タッチノイズの量は少し少なめ。ケーブルに対して縦方向にスリット(溝)があるため、この影響で軽減されていると思われる。
・ケーブルは着脱できない。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップは同社のハイブリッドイヤーピース4サイズ(SS、S、M、Lサイズ)が付属。
・イヤーチップの色は黒色。裏側から見ると軸の色がサイズによって異なる。
・装着方法は通常通りケーブルを垂らす方法でも、耳にケーブルを回す方法(いわゆるシュア掛け)でも問題なし。
・装着感は非常に良い。
・布製ポーチが付属。大きさも問題ない。
・デザインは良い。使っているうちに錆が出てしまうのは仕方ない。
・音漏れはごく僅か。音量を極端に大きくしなければ図書館でも使えるかも。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては、やや高め。
・音量は取りやすい。iPod classicなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場は横方向にやや広く、縦方向にはやや狭い。全体的に音は頭頂部近辺に集まる。
・ドライバはバランスドアーマチュア型1基。SONY独自開発の物。
・ハウジングと音導管に真鍮(しんちゅう)を採用。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は5,346円。
・当初の販売価格は9,300円前後だったので、だいぶ安くなっている。
・中古は3,500円~5,000円が相場。


音質、音域のバランス(Mサイズイヤーチップを使用)
・音質は中々良い。
・音域のバランスは逆ピラミッドバランス。
・高音域の量感は十分。伸びは中々良い。少し刺激的だが痛い印象は無い。綺麗な音色。
・中音域の量感も十分。こちらも綺麗な音色。軽やかに聞こえるため、力強さという意味ではイマイチか。
・低音域の量感は少し控えめ。極端な硬さや柔らかさは無く、中庸な音色で癖は控えめ。
・重低音の量感は更に控えめ。こちらは比較的締まりがある音色。静かな場所では「少し控えめかな」という程度だが、外では存在感がかなり薄い。
・全体的に見れば綺麗な音色で、爽やかな印象さえ感じるイヤホン。
・一方で低音(特に重低音)は控えめな傾向のため、足りないと思うならイコライザやアンプで調整。
・ボーカルは男女ともかなり得意。位置は近く、やや前に出てくる。
・サ行は少し痛い。タ行も同様。
・ポタアン(Fiio A5)を使うと全体的に少しクッキリした音色になり、高音域の伸びや情報量が少し増えるが、ポタアンの有無による差は大きくはない。
※Fiio E12が生産終了となり、後継機としてFiio A5が発売されました。先週Fiio A5を購入したため、今後はA5を使用いたします。

音質☆☆☆★(☆☆☆と迷いました)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆(外では☆☆☆~☆☆☆★)

オススメ度☆☆☆☆★
・音質は中々良い。
・音域のバランスは逆ピラミッドバランス。
・全体的に見れば綺麗な音色で、爽やかな印象さえ感じるイヤホン。一方で低音(特に重低音)は控えめなので、足りないならイコライザやアンプで調整。
・音漏れはごく僅か。音量を極端に大きくしなければ図書館でも使えるかも。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては、やや高め。
・ボーカルは男女ともかなり得意。位置は近く、やや前に出てくる。
・サ行は少し痛い。タ行も同様。
・ポタアン(Fiio A5)を全体的に少しクッキリした音色に。ポタアンの有無による差はそこまで大きくない。

スペック
・型式:密閉バランスド・アーマチュア型
・ドライバーユニット:バランスド・アーマチュア
・感度:105dB/mW
・再生周波数帯域:5-25,000Hz
・インピーダンス:16Ω(1kHzにて)
・最大入力:100mW(IEC)
・コード:約1.2m(Y字型コード、L字型ステレオミニプラグ、銀コートOFCリッツ線)
・質量:約4g(ケーブル含まず)
・付属品:ハイブリッドイヤーピース(SS、S、M、L 各2個)、キャリングポーチ、保証書、クリップ、コード長アジャスター、取扱説明書
XBA-100
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、XBA-100のデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

XBA-100 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

XBA-100 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback