オーテクA2DC端子対応のNOBUNAGAイヤフォンケーブル「TR-CE2」を12月9日発売

Category: 新製品ニュース  12/02 /2016 (Fri)

WiseTechは、NOBUNAGA Labsの交換用イヤフォンケーブル新製品として、オーディオテクニカ独自のA2DC端子を採用した「TR-CE2」を12月9日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格は4,420円(税込)。
・オーディオテクニカではA2DC(Audio Designed Detachable Coaxial)端子を採用した純正リケーブルを発売しているが、サードパーティ製ではTR-CE2が初。

・対応機種は、オーディオテクニカのSOLID BASSシリーズのイヤフォン「ATH-CKS1100」や、Sound Realityシリーズの「ATH-CKR100」と「ATH-CKR90」、音楽制作向けモニターイヤフォン「Eシリーズ」。
・なお、イヤフォンのLSシリーズやヘッドフォンのSR9、ES750、ES950は、端子部のスペーサーに変更があるため利用できない。

・導体には−156度で48時間のクライオ処理を施し、「SN比を高めてノイズや歪を低減した」ものを採用。
・柔らかい布製の被膜処理を行ない、衣服にケーブルが擦れる際に発生するタッチノイズを低減。
・耳掛け用のメモリーワイヤーは使用せず、CKS1100など耳掛けを想定していないイヤフォンも、TR-CE2に交換することで耳掛け利用できる。
・長さは1.2mで入力はステレオミニ。

・NOBUNAGA Labsでは、OFC8芯銀メッキ導体を使ったA2DCケーブル新製品も12月中旬に発売予定。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback