HIFIMAN、ケーブル刷新のイヤフォン「RE-600 V2」、密閉/開放選べるヘッドフォンの白モデルを12月5日発売

Category: 新製品ニュース  11/29 /2016 (Tue)

HIFIMAN JAPANは、従来モデルからケーブルを一新したイヤフォン「RE-600 V2」と、ポータブルヘッドフォン「Edition S」のホワイトモデル「Edition S/W」を12月5日に発売する。
概要は以下の通り。

RE-600 V2
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は25,800円前後(税込)。
・8.5mm径のドライバを搭載したダイナミック型イヤフォン。
・従来モデル「RE-600」からケーブルを一新。単結晶の銅ケーブルを採用しており、「より高い信頼性と耐久性を備えるとともに、サウンドの向上を図った」という。
・周波数特性は15Hz~22kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・感度は102dB。
・重量は13.7g。
・入力端子はHiFiMANのプレーヤーなどで採用されている3.5mm 4極に対応。
・3極への変換ケーブルも付属。

Edition S/W
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は29,160円前後(税込)。
・同社初のダイナミック型ポータブルヘッドフォン「Edition S」のホワイトカラー。
・「クリスマスシーズンや女性にもピッタリ」のカラーだという。
・密閉型と開放型をユーザーが選択できるのが特徴。
・ハウジングのパネルを取り付けると密閉に、外すと開放型として使える。
・ユニットは50mm径。
・周波数特性は15Hz~22kHz。
・インピーダンスは18Ω。
・感度は113dB。
・ケーブルは片出し。
・重量は248g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback