Campfire、初のハイブリッド型/流体金属筐体イヤフォン「DORADO」を11月25日発売

Category: 新製品ニュース  11/22 /2016 (Tue)

ミックスウェーブは、米Campfire Audio初のハイブリッドタイプとなる、ユニバーサルイヤフォン「DORADO」の発売日を11月25日に決定した。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は112,500円。
・10月に概要が発表されていたが、発売日が決定。

・8.5mmのベリリウムPVDダイナミック型ドライバに加え、高域用に2基のバランスド・アーマチュア(BA)ドライバを搭載。
・BA部分の設計には、同社の「ANDROMEDA」と同様に音導管を使用しない、チューブレス方式による「Tuned Acoustic Expansion Chamber(TAEC)」を採用して高域特性を改善。
・磁気回路にはネオジウムマグネットを使用。

・ハウジングにはチタンより固い流体金属を採用。
・傷つきにくく腐食に強いだけでなく、優れた音響特性も持つ。

・周波数特性は5Hz~27kHz。
・感度は107dB。
・インピーダンスは15Ω。

・リケーブルに対応し、イヤフォン側の端子はベリリウム銅加工されたMMCXを採用。
・ケーブルはALO audio製のLitz Wire Earphone Cableが付属。
・入力はステレオミニ。
・ケーブルの長さは約1.2m。
・レザー製キャリングケースやイヤーピース(シリコン・フォーム・SpinFit)、クリーニングツールが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback