パイオニア、“レトロモダン”なハイレゾ対応ヘッドフォン2機種を11月下旬発売

Category: 新製品ニュース  10/18 /2016 (Tue)

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、パイオニアブランドのハイレゾ対応ヘッドフォンとして、Bluetooth搭載の「SE-MS7BT」と、有線の「SE-MS5T」を11月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「SE-MS7BT」が14,000円前後、「SE-MS5T」が7,500円前後。
・ハイレゾ再生に対応した、パイオニア「Style」シリーズの密閉型ヘッドフォン。
・「レトロモダンなテイストをベースとしたスタイリッシュなデザイン」や、「高音質と高い装着性」が特徴。

ワイヤレスモデル「SE-MS7BT」
・Bluetooth 3.0対応のヘッドフォン。
・強磁力希土類マグネットを備えた40mm径ドライバ。
・再生周波数帯域は付属ケーブルを用いた有線接続時は9Hz~40kHzでハイレゾ対応。Bluetooth接続時は9Hz~22kHz。
・カラーはブラック、シルバー、ブラウン。
・幅広で厚くクッション性の高いヘッドバンドと、低反発ウレタンクッションとレザータイプ素材を使ったイヤーパッドにより、装着時の安定感を向上。
・ハウジング部にはスピンを施したアルミ素材を使用。
・Bluetoothの音声コーデックはaptX、AAC、SBCに対応。
・NFC対応スマートフォンにかざしてペアリングできる。
・8台までのマルチペアリングに対応。
・通話用のマイクも内蔵し、エコーキャンセレーションとノイズサプレッション機能により、通話も高音質で行なえる。
・BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPに対応。
・内蔵バッテリでの連続使用時間は最大12時間。
・充電は付属のマイクロUSBケーブル経由で行なう。
・充電が切れても、有線のヘッドフォンとして利用可能。
・出力音圧レベルは98dB。
・インピーダンスは32Ω。
・ケーブルを除く重量は290g。


有線モデル「SE-MS5T」
・強磁力希土類マグネット使用の40mm径ドライバと、軽量CCAWボイスコイルを採用する有線タイプのヘッドフォン。
・カラーはレッド、ブラック、シルバー、ブラウン。
・幅広で厚いヘッドバンドと、低反発ウレタンクッションとレザータイプ素材を使いたイヤーパッドを採用。
・ハウジング部にはスピン仕上げを施している。
・再生周波数帯域は9Hz~40kHz。
・出力音圧レベルは98dB。
・インピーダンスは32Ω。
・プラグは4極ステレオミニで、ケーブル長は1.2m/片出し。
・表面に細かい溝を付け、からみの原因となる摩擦を低減するセレーションタイプのケーブルを採用。
・マイク付きコントローラも備える。
・ケーブルを除く重量は230g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback