音茶楽、音速が早い欅材を使った限定イヤフォン「Flat4-欅Plus/緋欅Plus」を各110台限定発売。11月11日発売

Category: 新製品ニュース  10/17 /2016 (Mon)

音茶楽は、音茶楽 Sound Customizeブランドの新イヤフォンとして、「Flat4-欅Plus(KEYAKI Plus)」と「Flat4-緋欅Plus(AKAKEYAKI Plus)」を各110台限定で発売する。
概要は以下の通り。

・11月11日発売。
・価格はオープンプライス、直販予定価格は各85,000円。
・2機種の違いは、後述する位相補正チューブの長さ。

・「オークヴィレッジの匠の技と音茶楽の音響技術を融合した」というコラボレーションモデルの新作。
・センターキャビネットに、木材の中で音速が最も早く響きが美しいという欅材を使い、表面に拭き漆仕上げを施している。
・「飛騨高山で、職人の手で厳選し一つ一つ丁寧にそして緻密に仕上げられた逸品」だという。

・欅材をFlat4のキャビネットに加工するのは困難だったが、「オークヴィレッジの職人の技と新しいNC加工機の導入によって採用が可能になった」という。
・音の傾向は「Flat4シリーズの中では最もクリアで透明度の高い音」としている。
・フロントとリアのキャビネットは液晶ポリマー。

・ドライバは10mm径のダイナミック型を片チャンネルに2基を対向で配置。
・振動系の反作用による機械振動をキャンセル。
・銅メッキされたプレートとヨークも搭載。

・音響回路には位相補正チューブを用いたツインイコライズドエレメント方式を採用。
・外耳道を塞ぐ事によって生じる6kHz付近の共振を抑えている。

・ユーザーの外耳道の長さと位相補正チューブの長を合わせるとより良い音質が得られる。
・長さが標準の人向けの28mmである「Flat4-欅Plus」と、長めの30mm「Flat4-緋欅Plus」をラインナップ。
・試聴でどちらが良いか確認できる。

・センターキャビネットの素材以外の仕様は、2月に限定販売された「Flat4-櫻Plus/緋櫻Plus」と同じだが、プラグ部分が異なる。
・欅Plus/緋欅Plusでは、ステレオミニの3極小型短頭端子に非磁性純銅ロジウムメッキ処理を施したFURUTECH製のプラグを採用。
・「信頼性の向上とクリアで透明度の高い音を実現した」という。

・左右チャンネルのグランドを分離するため、ケーブルはイヤフォンの分岐からプラグの間を4芯で伝送。
・ただし、入力プラグ部でグランドをまとめた3極となる。
・ケーブルの長さは1.2mでY型。

・出力音圧レベルは104dB SPL/mW。
・再生周波数特性は3.5Hz~45kHz。
・最大入力は400mW。

・インピーダンスは18Ω。
・質量は約26g。
・イヤーピースはフォームタイプとしてコンプライT-200のM/L、シリコン製のSpinFit S/M/Lを同梱。
・L型接続ケーブル、収納箱なども同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback