オーテク、イヤフォンLSシリーズ5機種を11月18日発売

Category: 新製品ニュース  10/13 /2016 (Thu)

オーディオテクニカは、イヤフォンのLSシリーズ5モデルを11月18日に発売する。
概要は以下の通り。

共通
・バランスド・アーマチュア(BA)ドライバ採用の3モデルと、ダイナミック型ユニットの2モデルを用意。
・全モデルケーブルは着脱可能で。端子は独自のA2DCコネクタを使っている。
・「LS400」「LS300」「LS200」はいずれも、LSシリーズ専用設計のBAドライバを搭載。それぞれが、各モデルに向けて新開発されたドライバを搭載。

ATH-LS400
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は6万円前後。
・4基のBAドライバを搭載。
・構成は低域×2、中域×1、高域×1の4基。
・専用設計のクアッド・ネットワークにより、「豊かな低域表現で、高解像度かつ臨場感あふれる写実性の高いサウンドを実現する」という。
・BAドライバは、「ATH-LS400」向けに新たに開発されたものを採用。
・耳と同軸上に高域ドライバを配置し、チタ二ウムのハイブリッド導管を通して音を出す事で高域特性が向上。
・「高域は特に指向性や直進性が高いため、効果がある」という。
・低域ドライバは中高域ドライバに対して平行に配置する事で、ワイドレンジで精彩な重低音を実現。
・出力音圧レベルは105dB/mW。
・再生周波数帯域は15Hz~20kHz。
・インピーダンスは20Ω。
・ケーブルを省いた重量は約12g。
・イヤーピースはXS/S/M/L。

ATH-LS300
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万円前後。
・3基のBAドライバを搭載。
・構成は低域×1、中域×1、高域×1の3基。
・専用設計のトリプル・ネットワークを採用。
・耳と同軸上に高域ドライバを配置。
・導管はステンレスと高耐久性特殊樹脂のハイブリッドタイプ。
・耳に対して平行に配置した低域ドライバーで、豊かな重低音を再生が可能。
・出力音圧レベルは106dB/mW。
・再生周波数帯域は18Hz~18kHz。
・インピーダンスは15Ω。
・ケーブルを省いた重量は約11g。
・イヤーピースはXS/S/M/L。

ATH-LS200
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は25,000円前後。
・2基のBAドライバを搭載。
・ドライバはスーパー・ツイータ×1、フルレンジ×1の2基。
・デュアル・ネットワークを搭載し、「各音域でセパレーションの良いサウンドを実現した」という。
・耳と同軸上にドライバを配置して、高域特性を向上。
・導管はステンレスと特殊樹脂のハイブリッド。
・高域から低域までカバーするフルレンジにより、「伸びやかな中高域と厚みのある低音を再生する」という。
・出力音圧レベルは110dB/mW。
・再生周波数帯域は20Hz~16kHz。
・インピーダンスは47Ω。
・ケーブルを省いた重量は約6g。
・イヤーピースはXS/S/M/L。

ATH-LS70/LS50
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は「ATH-LS70」が13,000円前後、「ATH-LS50」が7,000円前後。
・ダイナミック型ユニットを採用。
・1つのメインユ二ットに対し、2つ目のサブドライバを直列に配置し、ドライバを同時に駆動。メインユニットが動く際の変形などを抑え、歪みを軽減。音を均ーに放射する。
・どちらのモデルも、専用設計ドライバを使った「"Live Tuned"デュアル・シンフォニックドライバ」仕様。
・「ATH-LS70」の振動板は、カーボンコーティングを施し、「力強い音から繊細な表現までメリハリのある描写を実現する」という。駆動力を向上させるロングボイスコイルを使い、厚みのある低域表現も実現。
・どちらのモデルも、ステンレスと合成樹脂のハイブリッド導管を採用し、高域特性も向上。
・ケーブルは着脱可能で、端子はA2DC。
・「ATH-LS50」はカラーバリエーションとして、ブラック、ネイビー、レッド、イエローを用意。
・スペックは、「ATH-LS70」が出力音圧レベル104dB/mW。再生周波数帯域5Hz~26kHz。インピーダンスは11.5Ω。ケーブルを省いた重量は約6.5g。イヤーピースはXS/S/M/L。
・「ATH-LS50」は出力音圧レベル103dB/mW。再生周波数帯域5Hz~25kHz。インピーダンスは11.5Ω。ケーブルを省いた重量は約6.5g。イヤーピースはXS/S/M/L。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback