オーテク、約5万円でケーブル着脱対応のハイレゾヘッドフォン「ATH-SR9」を11月25日発売

Category: 新製品ニュース  10/13 /2016 (Thu)

オーディオテクニカは、ハイレゾ対応の密閉型ヘッドフォンの上位モデル「ATH-SR9」を11月25日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5万円前後。
・2014年に発売された「ATH-MSR7」の上位モデルであり、同日発表のBluetoothヘッドフォン「ATH-DSR9BT」のベースモデル。

・ユニットは専用開発の45mm径、トゥルー・モーション"ハイレゾ・オーディオ・ドライバを採用。
・駆動力を極限まで引き出すという、純鉄一体型ヨークを採用した高性能磁気回路を搭載。
・高純度の7N OFCショートボビン巻きボイスコイルも採用し、音声信号を精確に伝送できる。

・振動板には剛性を高めるDLC(Diamond Like Carbon)コーティングを施し、高域特性を向上。
・硬質なアルミニウム製ハウジングをネジ留めすることで、不要振動から発生する歪みを抑制。
・アルミニウム製スライダーを採用するなど、装着感にもこだわっている。
・イヤーパッドには、頭部への負荷を均一に分散する特殊素材を使用した。

・再生周波数帯域は5Hz~45kHz。
・インピーダンスは47Ω。
・ケーブルを省いた重量は約270g。

・ケーブルは着脱可能で、独自のオーディオ専用設計のA2DCコネクタを採用。
・両出しタイプで、左右の音声信号を分離し、伝送することでクロストークを低減。
・「ハイレゾ音源などが持つ豊富な情報量もヘッドフォンへ高精度で伝送する」という。

・入力プラグはステレオミニ。
・通常の1.2mケーブルに加え、スマートフォン向けにマイクを備えたケーブルも同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback