オーテク、豊富なカラバリSound Realityシリーズのヘッドフォン/ヘッドフォン5モデルを11月25日発売

Category: 新製品ニュース  10/13 /2016 (Thu)

オーディオテクニカは、Sound Realityシリーズのヘッドフォン/ヘッドフォン5モデルを11月25日に発売する。
概要は以下の通り。


Bluetoothヘッドフォン「ATH-AR5BT」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円前後。
・専用設計の45mm径ドライバを採用。
・BluetoothのプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPに対応。
・コーデックはSBC、AAC、aptXをサポートし、SCMS-Tにも対応。
・再生周波数帯域は5Hz~40kHz。
・ステレオミニ入力も備え、有線接続時はハイレゾ再生に対応。Bluetooth接続時はハイレゾ再生にならない。
・BluetoothのペアリングはNFCに対応。
・マイクを備え、ハンズフリー通話もできる。
・折り畳みも可能。
・内蔵バッテリで、約30時間の再生が可能。
・インピーダンスは39Ω。
・重量は242g。
・カラーバリエーションはスティールブラック、ターコイズブルー、ボルドーレッド、メタリックシルバー。


有線接続タイプの「ATH-AR5」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15,000円前後
・「ATH-AR5BT」のベースモデルである、有線接続の密閉型ヘッドフォン。
・専用設計の45mm径ドライバを採用。
・ハウジングはアラウンドイヤータイプで、折りたたんで収納できる。
・重量は222g。
・ハイレゾ再生対応モデル。
・スマートフォン用コントローラー付きのケーブルを採用し、着脱も可能。
・カラーはスティールブラック、ボルドーレッド。


Bluetoothヘッドフォン「ATH-AR3BT」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万円前後。
・新設計の40mm径ドライバを採用。
・BluetoothのプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPに対応。
・コーデックはSBC、AAC、aptXをサポートし、SCMS-Tにも対応。
・再生周波数帯域は5Hz~35kHz。
・ステレオミニ入力も備え、有線接続も可能。
・BluetoothのペアリングはNFCに対応。
・マイクを備え、ハンズフリー通話もできる。
・折り畳みも可能。
・内蔵バッテリで、約30時間の再生が可能。
・インピーダンスは41Ω。
・重量は190g。
・カラーはブラック/ゴールド、ホワイト/シャンパンゴールド。


有線接続タイプの「ATH-AR3」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6,000円前後。
・有線接続でオンイヤータイプのヘッドフォン。
・新設計の40mm径ドライバを搭載。
・フランジの空気穴を均等に設置する事で、空気の循環を妨げず、音の歪みを抑制するトップマウントPCB方式を採用。
・ボイスコイルはボビン巻き。
・出力音圧レベルは97dB/mW。
・再生周波数帯域は5Hz~35kHz。
・最大入力は1,000mW。
・インピーダンスは32Ω。
・入力端子はステレオミニで、ケーブルの長さは1.2m。着脱も可能。
・ケーブルを省いた重量は約170g。
・カラーはブラック、ディープブルー、レッド、ホワイト。


有線接続タイプの「ATH-AR1」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4,000円前後。
・オンイヤータイプで、「中高域をクリアに、低域をパワフルに再生」できる、新設計の40mm径ドライバを採用。
・トップマウントPCB方式を採用し、スムーズな振動板の動きにより音の歪みを抑える。
・軽量さを追求し、ケーブルを省いた重量は約110g。
・折り畳んで収納できる。
・カラーはブラック、ターコイズブルー、メタリックレッド、シルバーホワイト。
・出力音圧レベルは103dB/mW。
・再生周波数帯域は5Hz~30kHz。
・最大入力は1,000mW。
・インピーダンスは47Ω。
・入力端子はステレオミニ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback