ヤマハ、プロ向けモニターヘッドフォン「HPH-MT8」と「HPH-MT5」を11月中旬発売

Category: 新製品ニュース  10/05 /2016 (Wed)

ヤマハは、プロ向けのスタジオモニターヘッドフォン「HPH-MT8」と「HPH-MT5」を11月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

共通
・いずれの機種も、主に楽器店やプロ向けの機器を販売する店舗で取り扱われる予定。
・スタジオでのレコーディング、ミキシング時のモニタリングに加え、高い音圧レベルと耐久性で、ライブ時のモニタリングまで対応。
・CCAWボイスコイルとネオジムマグネットを使ったカスタムドライバを採用。
・ドライバ角度やバッフル、吸音材まで入念なメカ・音響設計を施す事で、「音源のもつ情報量を余すことなく再現し、フラットかつ定位感に優れた」サウンドを実現した。
・ハウジングは密閉型で、オーバーイヤータイプ。装着性と遮音性を重視した設計。
・片耳モニターも可能。
・折り畳んで収納する事もできる。
・ハウジングはABS。
・入力端子はステレオミニで、標準プラグへの変換アダプタも同梱。


「HPH-MT8」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後。
・カラーはブラックのみ。
・モニターヘッドフォンの最上位モデルと位置付け。
・「精確性・解像度を追求、全帯域に渡り高い分解能と追従性を実現した」という。
・ドライバ口径は45mm。
・再生周波数特性は15Hz~28kHz。
・インピーダンスは37Ω。
・アームにアルミダイキャストを使い、イヤーパッドには適度な湿り気と革のような滑らかさを持つというプロテイン配合の合成レザーを採用。
・重量は350g。
・出力音圧レベル(1kHz)は102dB SPL/mW。
・ケーブルは脱着可能で、3mのストレートケーブルと、1.2mのカールケーブルを同梱。


「HPH-MT5」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15,000円前後。
・カラーはブラックとホワイト。
・「上位機種の音作りを踏襲しながらも全帯域にわたりバランスのとれたサウンドが特長」という。
・ドライバ口径は40mm。
・再生周波数特性は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは51Ω。
・軽量設計で245gを実現。長時間の使用でも負担が少ない。
・出力音圧レベル(1kHz)は100dB SPL/mW。
・ケーブルは脱着可能で3mのストレートケーブルを同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback