最高クラスのNC、非ハイレゾでも高音質化再生。ソニー無線最上位ヘッドフォン「MDR-1000X」を10月29日発売

Category: 新製品ニュース  10/04 /2016 (Tue)

ソニーは、ワイヤレスのフラッグシップヘッドフォン「MDR-1000X」を10月29日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は40,000円前後。
・カラーはブラックとグレーベージュの2色。
・Bluetooth 4.1に対応したワイヤレスヘッドフォン。
・ハイレゾ相当でのワイヤレス伝送が可能なLDACコーデックに対応し、SBC/AAC/aptXもサポート。
・SCMS-Tにも対応。

・ヘッドフォンに独自のDSEE HXを搭載。非ハイレゾ楽曲を再生する場合も、圧縮音源をアップスケーリングして再生、ハイレゾ相当のサウンドが楽しめる。
・このDSEE HXは常にONになっているが、LDAC接続や有線接続時はOFFになる。
・ケーブル接続での利用も可能。

・独自のデジタルアンプのS-Master HXも搭載。
・音質の劣化を抑えながら、ハイレゾ音源のディテールを忠実に再現できる。
・ノイズキャンセリング機能は「業界最高クラス」としており、それを実現するために、デュアルノイズセンサーテクノロジーを導入。

・新機能として「パーソナルNCオプティマイザー」を搭載。
・これは、装着したユーザーに合わせて、最適な設定を行なうというもの。
・ハウジング側面のNCボタンを長押しすると、試験信号が流れ、ユーザーの個人差、髪型やメガネの有無、装着のズレ具合などを計測する。

・静かな状態をつくりだすだけでなく、音楽を楽しみながら周囲の音を取り込む「アンビエントサウンドモード」も搭載。
・ノイズを低減しながら、人や声のアナウンスなどをピックアップで取り込むボイスモード、自然に周囲の音を取り込むノーマルモードを備える。

・右側のハウジング全体を手のひらで抑えるようにすると、外音を大きく取り込む「クイックアテンション」機能も用意。
・駅のアナウンスなどをとっさに、クリアに聞きたい時に利用できる。
・外部の音を取り込むだけでなく、再生している音楽のボリュームは小さくなる。
・耳元の操作でSiriやGoogle Nowを簡単に起動する事も可能。
・右側ハウジングのタッチセンサーを操作する事で、再生制御もできる。

・ドライバユニットは40mm径。
・ハイコンプライアンス化による低域再現性を高めつつ、可聴帯域を超える高域再生を可能にするHD振動板形状を採用。
・軽量なCCAWボイスコイルも使うことで、高域のリニアリティの高いレスポンスを実現。
・感度も高める事で、ノイズキャンセリング性能の向上にも寄与できる。

・振動板は液晶ポリマーにアルミニウム薄膜をコーティングしたものを採用。
・全体域で高くフラットな内部損失特性を実現した。

・ウォークマンの新製品で採用した高音質技術も導入。
・積層基板の層と層をつなげるスルーホールを銅で埋める事で、電気回路のインピーダンスを低下する技術や、高純度無鉛高音質はんだの使用、厚膜銅箔プリント基板も採用。
・有線接続も可能で、付属のヘッドフォンケーブルには銀コートOFC線を使用。ケーブルは片出しで、長さは1.5m。

・イヤーパッドも新設計。表面素材には合成皮革を採用。
・内部には低反発ウレタンを使っている。ヘッドバンド構造の見直しで、軽量化も実現。
・再生周波数帯域は4Hz~40kHz。
・内蔵バッテリでの連続使用時間は最大20時間。
・ノイズキャンセリング機能をOFFにした場合は22時間。
・重量は約275g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback