ソニーのハイブリッドイヤフォンが進化。新モデル2機種を10月29日発売

Category: 新製品ニュース  10/04 /2016 (Tue)

ソニーは、バランスド・アーマチュア(BA)ユニットとダイナミック型を両方搭載した、ハイブリッドタイプのイヤフォン新モデル2機種を10月29日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「XBA-N3」が35,000円前後、「XBA-N1」が22,000円前後。
・それぞれ「XBA-A3」と「XBA-A2」の後継機種。
・新モデルどちらも、ダイナミック型ユニット×1基と、BA×1基の2ウェイ。
・従来機の「XBA-A3」は3ウェイ、「XBA-A2」は2ウェイだったが、音質を追求した結果、新モデルではどちらも2ウェイになった。

・「XBA-N3」は、LCP振動板を採用した9mm径のダイナミック型ユニットと、小型化したBAユニットを組み合わせている。
・LCP振動板は、振動板材料として理想的な特性を持つというもので、色付けの少ないクリアなサウンドが特徴。
・「XBA-N1」は、外磁型磁気回路を採用した9mmのダイナミック型ユニットと、小型化したBAユニットを搭載。

・両モデルに搭載するBAユニットの振動板は、新たに形状を見直す事で、軽量化を実現。
・より自然で伸びのある高音再生が可能になった。
・さらに、高精度な組み立て技術を用いる事で、体積を約30%削減。小型化と高音質の両立を実現。

・「XBA-N3」のみの特徴として、ドライバユニットの後方に設けた拡張音響空間に、極細の音響管を接続。
・振動板背面の通気を精密にコントロール。
・豊かで最適なバランスの中音域の再生と、低音域から高音域にかけての自然な音のつながりも実現した。

・ケーブルはどちらのモデルも着脱可能で、MMCX端子を採用。
・インピーダンスは16Ω。

・再生周波数帯域と重量(ケーブル含まず)は、「XBA-N3」が3Hz~40kHz、約7g。「XBA-N1」が5Hz~40kHz、約7g。
・2種類の硬度のシリコンゴムに、独自開発のシリコンフォーム素材を組み合わせた「トリプルコンフォートイヤーピース」を3サイズ、ハイブリッドイヤーピース4サイズを同梱。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback