ソニー、4.4mm 5極バランス出力を備えたDAC搭載ポータブルアンプ「PHA-2A」を10月29日発売

Category: 新製品ニュース  10/04 /2016 (Tue)

ソニーは、ポータブルヘッドフォンアンプの新モデルとして、4.4mm 5極のバランス出力にも対応した「PHA-2A」を10月29日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。店頭予想価格は6万円前後。
・既発売の「PHA-2」から、デザインと細かな仕様を変更しつつ、新たに4.4mm 5極のバランス出力を備えたのが特徴。
・JEITAが今年の3月に規格化したもの。ハイエンドウォークマン「NW-WM1A」や「NW-WM1Z」も対応。
・バランス出力に加え、ステレオミニのアンバランス出力も1系統備える。

・ポータブルアンプやDACとしての主なスペックは従来モデルを踏襲。
・DACも搭載しており、PCMは192kHz/32bitまで、DSDは5.6MHzまでの再生に対応。
・デジタル入力として、Xperiaやパソコン、ウォークマンと接続するためのマイクロUSBと、iPhone/iPod/iPadと接続するためのUSB A端子を各1系統備えている。
・内蔵バッテリの充電も別のUSB端子から行なう。

・アンプの最大出力は約320mW×2ch(バランス接続/32Ω時)。
・ゲイン切り替え機能も従来から踏襲しているが、新モデルではNORMAL/HIGHに加え、新たにLOW設定も追加。

・内蔵バッテリでの動作時間は約5時間。
・充電所要時間は約8時間。
・外形寸法は133×80×23mm(縦×横×厚さ)。
・重量は約290g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback