JVC、超薄型振動板やメタルパーツ、バランス接続で進化したウッドドームイヤフォンを10月中旬発売

Category: 新製品ニュース  09/15 /2016 (Thu)

JVCケンウッドは、JVCブランドのウッドドームユニット採用イヤフォン3機種を10月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

共通
・2007年の「HP-FX500」、2010年の「HA-FX700」、2014年の「HA-FX1100/850/750/650」に続く、ウッドドームユニット採用イヤフォンの第4世代モデル。
・バランス駆動用ケーブルも別売オプションとして用意するなど様々な点を強化。
・いずれもハイレゾ再生に対応。
・装着感を高める工夫として、「エルゴノミックアングルドフィットフォルム」を採用。
・スパイラルドットイヤーピースを5サイズ同梱。
・キャリングケースも付属。

WOOD 01
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5万円前後
・ユニットの前と、後ろにステンレスリングを配置。
・ユニットなどを格納する筐体には「ブラス(銅)インナーハウジング」を採用。
・さらにユニット背後にはアルミキャップも採用。
・これら4つの金属パーツを使い、不要な振動を抑制、美しい響きを実現する事から「クアッドメタルハーモナイザー」と名付けられている。
・ユニットの口径は11mm。
・再生周波数帯域は6Hz~50kHz。
・この機種のみ、低反発イヤーピースが2サイズ同梱。
・ケーブルは着脱可能。端子はMMCX。
・この機種のみケーブルは布巻き。LチャンネルとRチャンネルのグランドを、ケーブルの中で分離独立させたケーブルとなっている(入力端子部ではアンバランスに戻っている)。
・なお、ユーザー層的にポータブルヘッドフォンアンプなどと接続する機会が多いと考えられるこの機種のみ、プラグがストレートタイプとなっている。

WOOD 02
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3.5万円前後
・ユニットの前にブラスリングを配置。
・後ろはシリコンリングで金属ではない。
・ブラスインナーハウジングとアルミキャップは「WOOD 01」と同様に採用。
・金属パーツが3つとなるため、「トリプルメタルハーモナイザー」と名付けられている。
・ユニットの口径は10mm。
・再生周波数帯域は6Hz~45kHz。
・ケーブルは着脱可能。端子はMMCX。

WOOD 03
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2.4万円前後
・ブラスインナーハウジングと、背後のアルミキャップのみの、「デュアルメタルハーモナイザー」となる。
・ユニットの口径は10mm。
・再生周波数帯域は6Hz~45kHz。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback