エレコム、重低音Bluetoothイヤフォン「LBT-HPC40シリーズ」とVR体験向けBluetoothイヤフォン「LBT-HPC11VRシリーズ」を9月中旬発売

Category: 新製品ニュース  09/13 /2016 (Tue)

エレコムは、重低音再生が特徴のBluetoothイヤフォン「LBT-HPC40シリーズ」と、VR体験向けというBluetoothイヤフォン「LBT-HPC11VRシリーズ」を9月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

重低音再生が特徴の「LBT-HPC40」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は5,980円前後。
・重低音再生が特徴のBluetoothイヤフォン。
・愛称は「GrandBass Wireless」。
・強力マグネットとCCAWボイスコイルによる高いドライブ能力と、厚さ7ミクロンのPET素材にラジアル構造のリブを設けた軽量・高剛性振動板にを採用。
・パワフルな重低音サウンドと、クリアな中音域を実現する。
・カラーはグリーンとレッド、ブラック。
・エンクロージャは左右対称のシンメトリー設計。音質バランスを確保している。

・BluetoothコーデックはAACに対応。
・Bluetooth Ver.4.1に準拠。
・プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。
・シリコン製のイヤーアームと2重構造のイヤーピースを採用し、高い装着性と遮音性を実現。
・イヤーピースとイヤーアームはそれぞれ3種類付属。
・フラットケーブルの採用により、ケーブル絡みを抑制。
・マイクと通話/終話、ボリューム操作対応のコントローラも備える。
・再生時間は約6時間。
・最大待受時間は約200時間。
・重量は16g。


VR向けBluetoothイヤフォン「LBT-HPC11VR」
・「スマートフォンでのVRのコンテンツ再生に最適な装着感を持つ」というBluetoothイヤフォン。
・カラーはブラックとホワイト。
・ワイヤレスのためケーブルを気にせずに、VRゴーグルが装着可能、
・12gと軽量なため、長時間の装着でも疲れにくい。
・耳のくぼみにフィットする3Dイヤーアームも備える。

・8mm径のダイナミック型ドライバーを搭載。
・ハウジングに通話用マイクや音量調節ボタン、マルチファンクションボタンを装備し、通話や再生操作が行なえる。
・コーデックはSBCのみ。
・プロファイルはHFP、HSP、A2DP、AVRCPをサポート。
・連続再生時間は約4.5時間。
・連続待受時間は約120時間。
・イヤーピースとイヤーアームはS/M/Lの3種類を用意。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback