64 AUDIO、耐久性などを強化した“鼓膜も保護する”イヤフォン「A」シリーズ7機種を9月10日発売

Category: 新製品ニュース  09/06 /2016 (Tue)

ミックスウェーブは、米64 AUDIOのカスタムイヤフォン「A-Series」7機種を9月10日に発売する。
概要は以下の通り。

・従来のAシリーズに搭載していた技術の商標が「ADEL」から「apex」(エイペックス)に変更。
・性能も強化され、新Aシリーズとして販売を再開。

・外耳道を小型のスピーカーで塞ぐと、スピーカーは空気圧(音圧)を生成。
・これが耳の疲労を引き起こしたり、 過度に鼓膜へ負担を掛ける事で難聴につながるリスクを引き起こす。
・apex(Air Pressure Exchange)は、そういった難聴リスクを抑える為に開発された技術で、空気圧をモジュールを介して緩和。
・耳の疲労感を抑える事により聴覚を保ちながら、「飛躍的に音質を向上させる」という。
・このモジュールは交換も可能。

・従来のADELと比べ、apexの進化点は、「ウインドノイズに対し強くなった」事と「耐久性が向上した」事。
・ADEL仕様のAシリーズを購入したユーザーが、モジュールをapexに差し替える事も可能。
・従来のAシリーズには「A5」というモデルも存在したが、メーカーでの取扱い終了にともない、今回のapex Aシリーズからは外されている。

「A12」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は249,538円前後。
・ミュージシャンなどのプロフェッショナル向けに開発されたモデル。
・バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを片側に12個搭載。
・ドライバ構成は、低域×4、中域×4、高域×4。3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・「非の打ち所がない空間表現(ダイナミックレンジの向上)が大きな特徴で、臨場感溢れるサウンドやこれまでに聴くことが出来なかった音を一音一音、 完璧に再現してくれる」という。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は116dB/1mW。
・インピーダンスは16Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

「A10」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は225,371円前後。
・リファレンスモニターと位置づけ。
・バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを片側に10個搭載。
・ドライバ構成は、低域×2、中域×4、高域×4。3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・ミュージシャンやスタジオ関係者だけでなく、オーディオファンにも推奨できるという。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は116dB/1mW。
・インピーダンスは18Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

「A8」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は177,130円前後。
・低域に量感を与えたという機種。
・バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを片側に8個搭載。
・ドライバ構成は低域×4、中域×2、高域×2。3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・ベーシストやドラマー、キーボーディストなど低域の量感が必要で、臨場感あるサウンドを求めている人向けに設計。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は117dB/1mW。
・インピーダンスは18Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

「A6」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は152,963円前後。
・バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを片側に6個搭載。
・ツアーミュージシャンや教会音楽向けに開発。
・ドライバ構成は低域×2、中域×2、高域×2。3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は115dB/1mW。
・インピーダンスは22Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

「A4」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は116,760円前後。
・ドラマーやパーカッション奏者、ベーシスト向け。
・ドライバ構成は低域×2、中域×2、高域×2。3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを片側に4個搭載。
・ドライバ構成は低域×2、中域×1、高域×1。3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・周波数特性は16Hz~20kHz。
・感度は118dB/1mW。
・インピーダンスは25Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

「A3」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は92,686円前後。
・全てのジャンルや楽器に対応した汎用性の高さを特徴としたモデル。
・「バランスも重視し、ヴォーカリストなどに推奨できる」という。
・バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを片側に3個搭載。
・ドライ構成は低域×1、中域×1、高域×1の3ウェイ。
・周波数特性は20Hz~20kHz。
・感度は115dB/1mW。
・インピーダンスは12Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

「A2」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は80,649円前後。
・最もリーズナブルなモデルで、「インディーズバンドや音楽をカジュアルに楽しみたいという方にお薦めできるモデル」という。
・バランスド・アーマチュア(BA)ユニットを片側に2個搭載。
・ドライバ構成は低域×1、中高域×1の2ウェイ。
・周波数特性は20Hz~20kHz。
・感度は119dB/1mW。
・インピーダンスは30Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback