デノン“原点回帰”の最上位ヘッドフォン「AH-D7200」を発表。12月発売予定で価格は未定。

Category: 新製品ニュース  08/31 /2016 (Wed)

ディーアンドエムホールディングスは29日、デノンブランドのイヤフォン/ヘッドフォン発表会を開催した。
概要は以下の通り。

ハイエンドヘッドフォン「AH-D7200」
・デノンが1966年に同社初のヘッドフォンを発表してから50周年をむかえる事から、50周年記念として強力な製品ラインナップを用意する予定。
・新製品に共通するテーマを「バック・トゥ・ベーシック(原点回帰)」とし、これまでの技術の継承、それを新製品に活かす事、同時に新たなトレンドも提案していく事などを掲げている。
・そのテーマを体現するハイエンドヘッドフォンとして開発が進められているのが「AH-D7200」。
・12月発売予定で、価格は未定。
・「10月頃に、もう少し詳しい情報をお届けできる予定」だという。
・2012年に発表した、「MUSIC MANIAC」シリーズの最上位ヘッドフォン「AH-D7100」の後継に位置付け
・密閉型のヘッドフォンで、ユニットは50mm口径。
・振動板にはナノファイバーを用いて、ケーブルには7Nクラスの導体を採用するなど、「クラスを越えた内容になる」という。
・なお、会場に展示されていたのは試作品。「製品版の音はこれよりもまだまだ良くなる」という。


Bluetoothイヤフォン「AH-C160W」
・耳掛けタイプのスポーツ向けBluetoothイヤフォンとして人気の「AH-W150」の後継モデル。
・こちらも価格や発売時期は未定。
・前作同様に豊富なカラーを用意したモデルになる予定。


「劇場版魔法少女まどか☆マギカ」コラボヘッドフォン
・デノンは既に、ゲームソフト「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」(P4D)とコラボしたヘッドフォンを発売。
・コラボ製品の新たな展開として、アニメ「劇場版魔法少女まどか☆マギカ」と連携した製品も近日登場。
・ベースモデルはBluetoothノイズキャンセリングヘッドフォン「AH-GC20」。
・「“ハウジングのデザインをまどマギ仕様にする”などではなく、魔法少女達の録りおろしボイスを(Bluetoothヘッドフォンのステータス報告音声として)搭載。
・オリジナルデザインのパッケージにするなど、付加価値を高めたものにしていきたい」という。


「AH-D7200」は「AH-D7100」の後継との事ですが、実質的には「AH-D7000」の後継機でしょう。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback