NOBUNAGA、約1万円の2.5mm 4極-MMCXリケーブルが進化。国産プラグ採用「雷切 改」を8月26日発売

Category: 新製品ニュース  08/19 /2016 (Fri)

WiseTechは、NOBUNAGA Labsブランドのイヤフォン向け交換ケーブルの新モデルとして、「雷切」をブラッシュアップした「雷切 改」(NLP-RAI-KAI)を8月26日に発売する。
概要は以下の通り。

・プレーヤー側に2.5mm 4極のバランス接続用端子を採用。
・イヤフォン側には新型のMMCXコネクタを採用。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は9,980円~11,080円程度。

・導体はOFCに銀メッキ加工を施し、8芯で編込みしたケーブルを採用。
・2.5mm 4極バランス対応プラグは、医療機器、空調機器の部品を製造している国内メーカーが手がけた国産品。
・外部から見えないハンダ部にも24K金メッキ処理を施し、電気伝導率を高めている。

・シェル部分にはスリッドではなく、業界初という特許技術「スーパーダイレクトタッチ加工」を採用。
・「手に吸い付くような加工により、プラグの着脱が簡単かつ安全にできる」という。

・MMCX端子は新開発のNOBUNAGA Labsオリジナルモデル。
・コネクタ部には24K金メッキ処理を施している。
・シェル部分には、縦方向に3本のスリットデザインを施し、黒、赤のラインを印字。L/Rが分かりやすい。

・マイナス156度で72時間、クライオ処理も実施。
・電気抵抗値を抑え通電効果を向上させ、SN比を高めた。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback