Elecom EHP-R/OH2000ABKのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  08/07 /2016 (Sun)

ヨドバシカメラakibaにて23,810円で購入



主な特徴
・色は「ブラック」のみ。
・ケーブルは着脱できない。
・ケーブルは片出し約1.2m。銀コートOFC高純度銅線を採用。
・ケーブルの色は黒色。ストレート(カールでは無い)ケーブル。縦方向にスリット(切込み)が入っている。
・ケーブルの癖は少し付く程度。ケーブル自体はしなやか。
・プレイヤーとの接続プラグはL字型のステレオミニプラグ
・タッチノイズは少しある。
・折りたたみ機構はハウジングが90度折りたためる「スイーベル機構」と、ハウジングがヘッドバンド側に折りたためる機構がある。かなり小さく出来る。
・デザインは普通。
・重量は180g(ケーブル除く)。
・耳への装着はアラウンドイヤー(耳覆い)とオンイヤー(耳乗せ)の中間。どちらかと言えばオンイヤー。
・装着感は中々だが、外で使うには側圧が弱い。ヘッドバンドをやや前に位置させると良いかも。
・ヘッドバンドは9段階で調整可能。長さの余裕はほぼ無い。私の場合は7段階で使用。
・音漏れは少しあるがヘッドホンとしては割と少なめ。音抜けの穴は本体下部にある切込みのような穴。
・遮音性は低め。
・布製ポーチが付属。最少まで折りたたんで収納する。
・音場は少し広い。ややドーナツ型。
・音量は少し取りづらい。iPodなら最大音量の7割程度で十分。
・日本製LCPフィルムを振動板に採用。LCPフィルムとは液晶ポリマーフィルムの事。つまりこの振動版は・・・。
・私の使い方が悪いのか、塗装が剥がれやすい様子。
・公式サイトに「在庫限定」と書いてあるのは生産終了を意味するのだろうか。

「EHP-R/OH2000ABK」と「EHP-R/OH2000MBK」
・後ろから3文字目が「A」か「M」の違い。
・「EHP-R/OH2000ABK」は通常モデル、「EHP-R/OH2000MBK」はリモコンマイク付ケーブルで接続プラグがステレオミニ4極となっている。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は11,199円だが、他の店舗より6千円近く安いので処分品かも。
・次に安いのは17,800円。直販は24,624円なので結構安くなっている。
・エレコムは発売後しばらく待つと、かなり安くなる傾向。

音質、音域のバランス
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスは弱ドンシャリ傾向。
・高音域の量は十分。伸びは中々良い。少し刺激的でやや硬い音色。
・中音域の量も結構出ているが、少し奥から聞こえる分だけ存在感は少々薄め。少しだけ硬めであるが、大きな癖は無い。
・低音域の量は十分と言うよりは少し多いかも。こちらは硬い印象は無く普通の印象。重低音の量感は多め。ある程度の締まりはあるが空間を広めに覆うので存在感が強い。
・全体的には少し硬い音色で、その影響か、ややモニター的な印象も受ける。
・ボーカルは男性・女性ともに中々良い。少し遠め。
・サ行はやや痛い。タ行の方が痛いかも。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと全体的にクッキリとした音色になる。音場も全体的に広くなり、ボーカルも中心に位置する。変化は大きめ。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・音質は中々良い。バランスは弱ドンシャリ系。
・全体的に少し音色ではあるが、それ以外は大きな癖は無い。モニター的な印象は受ける。
・ポタアンを使うと全体的にクッキリとした音色になる。音場も全体的に広くなり、ボーカルも中心に位置する。変化は大きめ。
・音場は少し広いドーナツ型。
・装着感は中々だが、外で使うには側圧が弱い。ヘッドバンドをやや前に位置させると良いかも。
・音漏れは少なめ。遮音性はヘッドホンとしては低め。バス電車でも十分使えるが騒音には弱い。
・音量は少し取りづらい。
・小さく折りたためる点は良い。
・音は良いが、弱点は装着感。どうも中途半端に感じる。駆動力のあるアンプやプレイヤーを使いたい。
・公式サイトに「在庫限定」と書いてあるのは生産終了を意味するのだろうか。
・リモコンの有無で型番が異なるが分かりづらい。購入時には注意。

スペック
・サウンドシステム:密閉型
・装着方式:オーバーヘッドタイプ
・ドライバーユニット:ダイナミック型 φ43mm(LCP振動板)
・スピーカ入力インピーダンス:16Ω
・音圧感度:100dB/1mW
・最大許容入力:100mW
・再生周波数帯域:20Hz~40kHz
・コード:約1.2m(片出し、L字型ステレオミニプラグ)
・カラー:ブラック
・質量:約180g(※コード含まず)
・付属品:ポーチ、取扱説明書
・保証期間:1年
EHP-R/OH2000
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、EHP-R/OH2000ABKのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

EHP-R OH2000ABK 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニター/DJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

EHP-R OH2000ABK 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback