ULTRASONE、音に磨きをかけた「Edition M Plus」と「Edition M」のBlackPearl版をを8月末発売

Category: 新製品ニュース  07/29 /2016 (Fri)

タイムロードは、ULTRASONEのヘッドフォン新モデルとして、ポータブル用「Edition M」の音に磨きをかけたという40mm径ドライバの「Edition M Plus」と、「Edition M」のバリエーションモデルで30mm径の「Edition M BlackPearl」を8月末に発売する。
概要は以下の通り。

・いずれも、Editionシリーズ初となるオンイヤーヘッドフォン「Edition M」(実売12万円前後)の派生モデル。

Edition M Plus
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は14万円前後。
・「Edition Mの持つポータビリティーとEdition 8直系の高音質を高い次元で融合した」というモデル。
・ハウジングは密閉型。
・ユニットは、Edition Mが30mm径だが、Plusは40mmとなった。
・チタンプレイテッド・マイラードライバで、再生周波数帯域は7Hz~39kHz。
・インピーダンスは30Ω。
・出力音圧レベルは96dB。
・自然な音像定位を実現するという、独自の「S-Logic Plus」テクノロジーを導入。
・ハウジングには、高い耐久性と高級感を実現するというPVDコーティングを採用。イヤーパッドとヘッドパッドにはシープスキンを使っている。
・ケーブルは両出しで脱着可能。端子はMMCX。
・1.2mのOFCケーブルを同梱し、マイクやリモコンも備える。
・重量は240g。
・布製キャリングバッグやクリーニングクロスも同梱。

Edition M BlackPearl
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は10万8千円前後。
・主な仕様はEdition Mと同じ。
・違いは、ハウジングに耐久性と高級感を兼ね備えたというメタリックPVDコーティングを採用。通常のEdition Mはマットルテニウムコーティング。
・ユニットは30mmのチタンプレイテッド・マイラードライバ。
・再生周波数帯域は10Hz~38kHz。
・インピーダンスは40Ω。
・出力音圧レベルは99dB。
・独自の「S-Logic Plus」や、低域電磁波を低減する「ULEテクノロジー」も採用。
・ケーブルは両出しで脱着でき、端子はMMCX。
・1.2mのOFCケーブルを同梱し、マイクやリモコンも備える。
・布製キャリングバッグやクリーニングクロスも同梱。
・ケーブルを省いた重量は約161g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback